鹿児島リベンジ@鹿児島市内編〜鹿児島サンロイヤルホテル

鹿児島県鹿児島市  塩化物泉

a0024448_2231246.jpgさて、2年ぶりの鹿児島です。
名物、いろいろありますね。今回は、とんかつを食べました。

a0024448_22311871.jpg
ソースはからくないから、どぼどぼにいっぱいかけて食べるのが、こちら流の食べ方のようです。

そうそう、来年の大河ドラマ鹿児島を舞台とした「篤姫」だそうですね。篤姫さんっていうのは、第13代将軍徳川家定と結婚したかただそうです。市内では、ちょろりちょろりその名前を見かけましたが、まだまだ盛り上がってはいないのかな?

しかし、まあ、つばめで鹿児島、黒豚横丁へ、ってまんまCMじゃん…。



で、またしても台風接近中。その影響か、時折雷雨。
それでも、翌朝には、こんな案配に桜島を拝むことができました。
a0024448_2233475.jpg
惜しい。あたまはかくれてしまっていますね。
しかしまあ、なんともいいお湯です。これは、いい。薄い茶褐色のお湯がどぼどぼどぼどぼ。
さすが、お湯につかりながら桜島が最適な状態で眺められるように設計されたというだけのことはあります。
そして、お湯がいい。自家源泉、かけ流しのようです。
ホテルではチェックイン時、山田優嬢のような雰囲気のかたに案内してもらったのですが、説明が丁寧でこれまたいい。なによりかわいかったし。
常々ホテルマンには羨望の眼差しです。あこがれの職業なんですよねぇ。と、この年になって気がついても、それどうなのよ、なんですが…。
このホテル、これで、部屋がもう少し広いということないのですが、それは贅沢ということでしょう。
というか、シングルじゃない部屋にいつか泊まって桜島をいつでも拝んでみたいなぁ…。

a0024448_2214990.jpg前回宿泊時に製氷器を発見したので焼酎をロックにして楽しんでみました。おつまみは、熊本で買ったからしレンコン棒と鹿児島中央駅でかった薩摩揚げ各種です。う〜ん、からしレンコンものすごく辛い。薩摩揚げうまうま。鹿児島にきたときくらいしか食べない気もします。それにしてもこのホテルのテレビ、BSがなぜかものすごく細長くうつる。まるで昔の映画を見ているかのよう(見ていたのはJリーグです)。



しかし、このホテル、ここから海までは若干距離があります。ビルやマンションが建って、桜島が見えなくなるということもありえます。まさか、海までこのホテルの土地とも思えないし…。
この近くに県庁があり、それでこのあたりのホテルでは桜島側の反対側を県庁側とよんだりしているのですが、その県庁から桜島が見えなくなるとかで県が土地を購入したとかしないとか、そんな話しもあります。


というのも、こちらのホテルに宿泊したときに、真横にマンションがそびえたっていたからなのです。
ここは、道路と公園をはさんですぐ海なので、直接桜島の眺望を遮られるようなことはないのですが、北側に直交するようにマンションが建っています。
だから、ホテルの窓という窓から、マンションが見えるのです。部屋の窓からは、マンションが一望。カーテンを閉めない家庭が意外と多いんですね。丸見えですよ。

というわけで、自慢の眺望風呂からもマンションが見えます。というか、マンションのおかげで、桜島の稜線の一部が見えなくなっちゃったんですね。
でも、これ、マンションが見えるっていうことは、マンションから丸見えっていうことですよね。
眺望が売りなので隠すわけにもいかないでしょうし、さて、どうしたものやら(今はなき軽井沢ホットスプリングスの大浴場は、見えるはずだった浅間山が目隠しによってほとんど見えなくなっていたことを思い出します)

それにしても、こんな1時間に2本くらいしかバスが来ないようななにもない不便な場所によくすむよなぁ、と思うのは、東京の感覚なんでしょうかねぇ。そらまあ、車社会でしょうし。

と、話しがずれましたが、こちらのホテル。共済組合員向けの施設を一般にも開放しており、とにかく安い。しかも、サービス充実。部屋が広い。
お風呂は、脱衣場がものすごく狭く、浴槽も広くないのですが、桜島の迫力は、近い分だけあります。
入浴時間がかぎられているのと、たぶん循環だからなのか、ちょっと塩素くさいのと、マンション丸見えっていうのが残念な限りです。

鹿児島の場合、天文館周辺の便利さをとるか、県庁付近の与次郎とよばれるエリアでゆったり泊まるか、悩むところですねぇ。



Team-5kg【63.8】
[PR]
by toyokaku | 2007-09-30 22:39 | 大浴場−九州・沖縄の湯
<< 砂の重みが心地よい@山川砂むし... 海の温泉@小浜温泉 >>