タグ:群馬 ( 11 ) タグの人気記事

万座温泉@しっとりにごり湯

吾妻郡嬬恋村 酸性含硫黄ナトリウム硫酸塩泉(硫化水素型)

万座温泉は、上信越高原国立公園に位置し、標高1800mの高地にある。源泉は硫黄泉で約80度の高温、湧出量は1日に540万リットル、日本でいちばん硫黄の含有量が多く、硫化水素を多く含んでいるのだそうだ。山間の温泉地なので、温泉歓楽街といえるようなところはなく、数多くの源泉が点在し、湯治滞在型からリゾートホテルまで各種そろっているというあたり、北海道のニセコ温泉郷に似ているのかもしれない。
ところでこの温泉、クルマで行こうとすると道路は整備されていて走りやすいのだが、草津からは白根山のわきを抜けて行く道路は冬季通行止めとなってしまう。万座・鹿沢口方面からの道路(万座ハイウェー)があるのだが、これがどういうわけだか有料なのである。しかも某プリンスホテルの。だから、草津から抜けていかない限り必ずお布施をしなきゃいけない、そんな温泉でもある。

クルマを走らせていくと、あちらこちらに噴煙がたなびく、なんとも荒涼とした景色。たまごのくさったような硫黄の温泉らしいかおりがただよってくる。
a0024448_2334033.jpgどうせなら渋めの宿で、というわけで、いかにも古そうな宿の扉をあけると、ロビーで半被をきたおじさんなんだかおにいさんなんだかが、なにやら作業中。でも、宿のヒトじゃないらしい。はて。
結構大きめな建物ながらも、古さがひしひしとつたわってくるつくり。これは、お風呂も期待できるぞ、とわくわく。
内湯は、木の枠がいい感じ。そこに白濁したお湯があふれだしている。
女湯に露天風呂があるのに男湯に露天風呂がない。と思ったら、脱衣所に別のとびらが。その先には、また脱衣所が。みると廊下側にも直接はいる入口が。そして、そこには混浴の文字。そう、男湯の露天風呂はないんだけれど、混浴の露天風呂がある。万座は、ここだけではなく、あちらこちらに混浴のお風呂が残されているらしい。
四角くなかなかに広めのお風呂は、ちょっと深め。お湯は白濁。はあ、いいお湯。ぷはっ。濃厚すぎじゃない、これ。
と、入っていたら、さきほどのおじさんなんだかおにいさんなんだかが入ってきた。
きけば、温泉を研究しているらしい。先ほどなにやらこねていたのは、湯の花をつくっていたのだとか。このあと、万座はどこもいいお湯だとか、ボイラーを使っているわけじゃないから温泉の温度管理はたいへんだとか、いろいろ面白い話しをきかせてくれた(けどちょっと長い、いやあよく話す話す)
というわけで、日帰りではなく、いちど泊まりでゆるゆるときてみたい、そう感じさせた温泉なのであった。



More
[PR]
by toyokaku | 2010-02-22 22:22 | 大浴場−関東甲信越の湯

草津温泉@いわずと知れた関東の大温泉街

吾妻郡草津町 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉

a0024448_2352422.jpg川原湯温泉の次は、草津温泉へ。本来ならば川原湯温泉が草津温泉の上がり湯になるので、順番的には逆になる。
草津温泉にくるのは、いったい何度目になるのやら。しかし、何度きてもここは楽しく、そして新しい発見がある。なぜなら、湯畑に代表される豊富かつ成分の濃い温泉があるからに他ならない。硫黄を含む強酸性かつ高温のお湯は、湯畑、白旗、西の河原、地蔵、煮川、万代をはじめとした数々の源泉から湧出し、その量は、1日あたりドラム缶にして約23万本という。
それぞれの宿がある場所で、同じ草津温泉でも違う源泉からひいたお湯を使っているので、宿をかえれば、違うお湯が楽しめるというわけである。また、宿の種類も豊富で、湯畑周辺には和風の宿が並んでいるし、大規模なリゾートホテルもある。a0024448_23533060.jpgさらに、草津温泉は、日本のペンション発祥の地だそうで、数多くのペンションもある。他の温泉地に比べると人気がある分、料金的には割高なような気もするのだが、旅のスタイルにあわせて選択肢が多いというのはありがたいことだし、豊富な湯量ゆえその多くの宿で良質の温泉が楽しめるというのもうれしい限り。

お宿やら遊びやら
[PR]
by toyokaku | 2010-02-07 00:06 | 大浴場−関東甲信越の湯

川原湯温泉@ダムに揺れる温泉

吾妻郡長野原町 含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(中性低張性高温泉)

a0024448_0114888.jpg

源頼朝が見つけたとも、はたまた、旅のお坊さんがお告げにより見つけたともいわれている川原湯温泉。そして、八ツ場ダムの建設により沈むとされていた温泉地である。しかし、今、その八ツ場ダムの建設中止問題により、この温泉地が脚光を浴びている。いま、温泉地はどのような状況におかれているのか。視察に行ってきた。
a0024448_23581641.jpg

上野からの特急草津号でおよそ2時間半。降り立った駅は、長大なホームだけが特急列車がとまることを意味しているのかもしれないが、趣ある木造の駅舎は時間がとまったままになっており、ここからダム建設を感じることとなる。
目の前を走る狭い国道は、この日も渋滞気味。そのわきを観光客が数多くあるいている。
a0024448_2359152.jpg

まず向かったのは、吾妻渓谷。吾妻川に展開する渓谷は、その一部がダムに沈むとともに下流部においても流量の減少で今の景色が失われることはいうまでもあるまい。なかなか美しい渓谷であるが、すでに不釣り合いなコンクリートの壁が顔をのぞかせているし、遊歩道のそばにも大きなコンクリートの壁がそびえている。
a0024448_23594270.jpg

その反対側にあるのが、川原湯温泉だ。駅から温泉街へ続く道にあったと思われる建物は、大半が取り壊され空き地がさびしさをつのらせる。また、あちらこちらに無愛想な人工の壁がそびえているが、これは、地盤が弱いので崩壊を防止するための措置のようだ。
温泉街へは、てくてくと上り坂をあるいていく。ようやくお店や宿があらわれるようになったあたりが、温泉街のはじまりで、ここに共同浴場のひとつ、聖天様露天風呂がある。
人気があるときいていたので、覗くだけでもと思ったのだが、先客はさほど多くなく、これなら入浴しても楽しめそう、という判断の元、お湯をいただくこととする。
a0024448_002712.jpg

ちょっと深めのお風呂に、熱いお湯がなみなみと注がれている。入るの一苦労、と思ったら、同行者、豪快に突入。いや、熱くないのか、熱いだろ、はい、熱かったらしい。あっという間に温まるし、ついでに赤くなる。
露天風呂といっても屋根がついているが、木々に囲まれたお風呂は、なんとも居心地がよいもの。不届き者が増えたおかげで、厳重に囲いが出来ちゃったりはしているらしいのだが。
そして、そんないい温泉に集うのは、温泉好きな人々。まったく赤の他人通しのようなのに、なぜか知り合いだったりするようでもある。あちらこちらの温泉談義に花が咲く。それも、若いお兄さんがひとりできていたりするから、まだまだこの国も捨てたもんじゃないかも。どこぞのおじさんが、熱い湯口で温泉たまごづくりに挑戦しており、もうすぐできるから待っててよ、といわれありがたくご相伴にあずかる。うまい。塩いらない。さらに、余った分までいただいてしまった。ありがとうございます。
はあ、極楽極楽。

雪が積もる頃もまたいいよ、とのこと。この日は、残念ながら雪はなかったので、ぜひとも雪景色の頃にまた訪問したいものだ。
結局、あっという間に電車の時間となり、温泉街の中心部までは足をのばせず。
笹湯に王湯。まだまだ風情のある共同浴場がある。もしダムに沈んでしまえば、もう、この風情は味わえない。


[PR]
by toyokaku | 2010-02-05 22:52 | 大浴場−関東甲信越の湯

両毛鉄道紀行 3 それでわてつわ?

西桐生駅から、あるいて桐生駅へ。
昭和モダンの西桐生駅とはうってかわり、こちらは近代的つまり無味乾燥な高架駅。だだっ広い駅構内が、ちょっと寂しい。
ここからは、わたらせ渓谷鐵道の旅。フリー切符を買って、改札をぬける。
桐生駅が始発になるが、ここはJRと共用している。
a0024448_15492196.jpg

ホームからは、ディーゼルの音が響いている。
2両編成の列車は、あかがね色。その色にごまかされているけれど、塗装はすっかり浮き上がり、ところどころ大きくはがれ落ちてさびている。
先頭は、いかにもレールバスといった風情のキハ。後は、地方でよく見かけるタイプのキハ(これもレールバスの一種らしい)。物珍しさから先頭に乗ろうと思ったけれど、天井は低いし乗り心地もわるそうなので、後方の車両に陣取る。
車内もなんだか手入れが行き届いていない感じで、曇り空と相まってなんだか暗い雰囲気。そのなかで、アートプロジェクトによりテーブルに華やかなプリントがなされているのが、せめてもの頑張っている感じ。

列車は、桐生駅をでると渡良瀬川をわたりしばらくするまで両毛線と併走する。
車内は、子供連れが多い。東武と接続する相生でほぼ満員といった感じになったが、大間々で大半が下車する。これは、後発のトロッコ列車に乗り換えるためのようだ。
そして、その名の通り、渡良瀬川の美しい渓谷を眼下にしながら、足尾までのぼっていく。
ということからもわかるように、沿線は基本的に山の中。あまり乗客数が望めないという感じだ。
もともとは、足尾銅山の鉱山輸送から敷設された路線で、第3セクターとして足尾線から転換されたものであり、ご多分に漏れずこちらも赤字続きの路線なのである。

途中、足尾銅山観光をはじめいろいろ気になる場所はあるが、列車の本数からすべてを巡れないのは残念だ。せっかくなので、終点の間藤駅まで足をのばしてみた。ここから日光方面へとバスもつながっているが、実はここから貨物専用の足尾本山駅まで線路がのびていた。いまでも、線路や橋、そして踏切まで撤去されることなく、路線の跡がのこされている。
a0024448_15585562.jpg

間藤駅の前には、今も大きな鋳物工場があり、往時をしのぶ感じがでている。地肌が見える山が足尾らしい。また、ここからニホンカモシカも見られるそうなのだ。

帰りはトロッコ列車で
[PR]
by toyokaku | 2009-06-06 10:59 | 鉄道むすべ

両毛鉄道紀行 2 井の頭線がすごいことに

a0024448_043214.jpgJR前橋駅前の夜は、とても暗い。歓楽街は、1kmほど離れた上毛電気鉄道の始発駅である中央前橋駅のほうだ。だからなのか、妙にネオンっぽい駅舎である。暗い町中にひときわ主張している。
といっても、このまわりも暗げなことにかわりはなく、昼間見ると周囲は廃墟なんだか使っているんだかよくわからない建物が多い。この駅だけは、小さいながらもガラス張りで明るい雰囲気を醸し出している。この駅は、かつて駅ビルを擁していたという。その面影はなく、ただ、ホームの広さや駅前の更地がその大きさを偲ばしているのだとか。
始発駅なのに、どことも接続していない不便さは、レトロ調のシャトルバスでJRとの間を結ぶことで補おうとしているが、この路線、なぜか接続がよくない、という印象がある。他線と直接接続しているのは、赤城駅だけで、他は微妙に近いけど、といったところ。それが、この路線を使いにくくしている、ともいえるのだろうが、以前、前橋駅との接続計画があったという。そのときに延伸という判断をしていたならば、この路線と前橋の中心部は、どうなっていただろうか。

a0024448_0441335.jpg
(しかし、こういうグッズまで売ってしまうとは、いいのか?とちょっと心配になったりして、とにかくすごい、未成線の切符まであるんだからな)

上毛電気鉄道で中心として活躍しているのは、元京王井の頭線の車両だ。
a0024448_049148.jpg雰囲気がほとんどかわっていない。まず、この車両にこの路線の面白さがでている。8編成それぞれが違う色に前面を塗り分けているあたりは、井の頭線ぽさがでているし、さらに水族館や季節に応じたテーマによる内装にして飾り付けているものがある。この日は、ハロウィン仕立てになっていたのを見かけた。それも、ただ広告欄をかえるとかそういうレベルではなく、天井に飾り付けをしちゃっているのである。乗れなかったのが、残念だ。


a0024448_103875.jpgさらに驚きなのは、この電車、平日の朝をのぞき自転車を持ち込んでもいいのだ。電車に自転車をおしながら乗ってくるのは、なかなか新鮮な光景である。上毛電気鉄道では、レンタサイクルや駐車場を無料で用意したりしており、そうやって、なんとか乗客を取り込もうとしているのがよくわかる。これからが楽しみな鉄道ですね。

電車は、意外と加速よく走っていく。
ワンマン運転をしているのだが、乗客の案内をするアテンダントさんが乗務している(車掌ではない)
この日は、敬老の日ということで、60歳以上は、100円という大盤振る舞い。アテンダントさんが、乗車してくるかたに切符の有無を確認するのだが、対象者と思われる乗客には60歳以上か確認している。でも、本当は、以下なのに間違えられたら、どうなんだろうね。

そんなこんなで、がたごと揺られて、終着は、西桐生。ここからは、桐生駅まであるいてわたらせ渓谷鐵道へ。ほんとうは、もっと近く接続している駅があるんだけれど、全線乗車ということと、西桐生の駅舎がなかなかに素敵なので、ここまでやってきたというわけ。昭和初期のモダンな雰囲気を今に伝えている。
a0024448_1121382.jpg

この駅舎をはじめ、登録有形文化財に登録されているものが数多くあるのも、この鉄道の特徴。

しかし、駅前は、これといったものもなく、さらに、桐生駅がどちらにあるのかもよくわからない。


Team-5kg【63.4】
[PR]
by toyokaku | 2009-06-01 23:36 | 鉄道むすべ

両毛鉄道紀行2008 1 蒸機に再会

a0024448_152866.jpg


水上駅は、県境の駅といった面持ちで、新潟方面へと向かう新潟色の115系を見ると、なんだか遠いところにきたような気分になる。それにしても、ちょっとなつかしめの車両ばかりが行き来するもんだから、なんだか心地よい。
9月の連休中ということもあって、駅はなかなかのにぎわいようなのだが、その駅に汽笛が設置してあり、観光客が交代にそれをならしていくものだから、とにかく騒がしい。
駅前通は、狭い上に工事中で、なんともあるきにくいのだが、まずは、整備されたという転車台のある広場へと向かう。

まず、目に入ってくるのは、まるで保存されているかのようにたたずむD51だ。水上で切り離し、わざわざ側線に留置しているのである。おかげで、間近にその姿を拝むことが出来る。
転車台も間近だ。これにD51がのってまわっているところを見てみたいものである。
a0024448_0184472.jpg
(蒸機を動かす石炭をお持ち帰りできます)

実は、十数年前に、上越の蒸機を撮影しにきたことがある。
それは、いつも一瞬の出会いでしかないのだけれど、その音、そのにおい、蒸機は見るモノだな、といつも思ってきた。
今回は、どちらかといえば、12系にひさびさに乗れたことのほうが嬉しいのかもしれない。あの頃の夜行列車でよく見かけた12系も、今となっては貴重な存在だ。
a0024448_0274285.jpg



水上駅の改札をぬけると、生演奏が乗客を出迎えてくれる。ちょっと懐かしい感じの跨線橋をわたり、列車が待つホームへと向かう。
地元のかたに見送られながら、出発。
乗客は、たいはんが家族連れ。バスツアー客もちらほら。なかなかの盛況ぶりである。
ボックスを占領する鉄道マニアもいた。これはちょっとどうかと。
こちらは、ひさびさの客車を感じつつ、ぼんやりすごす。
a0024448_0413621.jpg



それにしても、D51、この日は調子が悪そうだった。停車するたびに、圧の調整だかを試みている。それで停車時間が延びたりもしている。こういう手がかかるモノを残していく、ということ自体に意味がありそうな気がする。
じつは、まったく気がついていなかったのだが、2008年は、D51-498は、復元されてから20年を向かえるんだそうである。
とにかく手間がかかるんだな、というのがよくわかるのだが、なんと2008年の年末に空だきをしてボイラーを壊してしまったとのこと。さて、復活できるのか、大いに気になるところである。ちなみに、上越線は、D51の故障により、快速・普通列車の夏の増発が大幅減だそうだ。観光に与える影響は大きそうである。

a0024448_0573924.jpgさて、列車は、高崎で蒸機から電気機関車へと交代する。ここでかなりの乗客が降りてしまうのだが、ここからも実は楽しい組み合わせなのである。やってきたのは、EF60。動態保存されているのは、これだけだ。特にそれをうりにしているわけではないけれど、これに12系の組み合わせは、なんだか楽しい。
わたしも、ここでこの列車を見送った。



Team-5kg【63.6】
[PR]
by toyokaku | 2009-05-27 23:58 | 鉄道むすべ

伊香保のトリックアート&猿劇場@箕郷温泉(足湯)

渋川市 ナトリウム塩化物・炭酸水素・弱アルカリ性泉

a0024448_0504265.jpgこの日は、所用で伊香保へ。前夜は、宴会。なんやら派手なコンパニオンでしたぞ。
泊まったホテルのお風呂は、内湯は金の湯でよかったんだけれど、露天がねぇ。
榛名山系の天然水って、ようは井戸水じゃん。
ちょっと前のニセ温泉騒動で伊香保は話題になったよなぁ、ということを思い出した次第。
湯量は多くないんでしょうね。
だいたい旅館から外にでなかったので、伊香保にきたんだかなんなんだかよくわからないまま伊香保をあとにしてしまった次第。

a0024448_0512116.jpgさて、そんな伊香保のまわりには、いろいろ定番のアミューズメント施設があるわけですが、ここもそんな施設のひとつ。
でな、まずはおさるさんがお出迎え。中に入ればトリックアート。ホールでは猿回し。温泉観光地の定番ですな。たぶん。
しかし、ここには、なぜか足湯があるんですな。
源泉かけ流し。
ってかいてありますけど、えっ、そうなの?ってところ。
しかし、あつめのお湯はあたたまりますなぁ。

(ちなみに温泉名はよくわかりません。泉質表をみると「箕輪城温泉(仮称)」ってあるんですが、仮称ですからね。どうも、同じ経営による日帰り温泉が高崎市内にできていて、同じ泉源のような気がするんですよね。よって、標記の名称にしています。)


Team-5kg【64.2】

[PR]
by toyokaku | 2009-01-12 12:10 | 大浴場−関東甲信越の湯

川沿いに広がる@水上温泉(足湯)

利根郡みなかみ町 カルシウム ナトリウム 硫酸塩 塩化物温泉

a0024448_0444591.jpg天気のいい午後。おむすびを食べつつ、115系のボックスっていいなぁと思いつつ、向かったのは水上です。その目的は、SL列車に乗ることです。
転車台のまわりがSLの見学用に整備されたので、間近でSLをながめ、そして、時間があるので温泉街のほうへ。あわよくば入浴も考えたのですが、水上駅から温泉街まで、意外と距離があるのです。線路沿いに温泉街はあるのになぁ。
川沿いの遊歩道は、あまり整備が行き届いていない様子。吊り橋も落ちかけているし、雑草が伸び放題。あまりあるいていて心地の良いところではありません。加えて、温泉街の入口にそびえる大きな廃ホテル。まだそうなってから時間はたっていないようですが、しかし、不気味だなぁ。

狭い道に観光客とクルマが多く行き来するので、ゆっくりと散策する、という感じでもありません。古びた建物が目につきますが、若いヒトが多くあるいているのは、そう、水上ではラフティングやバンジージャンプなど、いわゆるアウトドアレジャーの基地になっているからなのです。しかし、どれだけのヒトがここに泊まっていくんでしょうか。

こちらは、どこか適当に入浴できそうなところはないかなと探しつつの散策ですが、これといった宿も見つけられず、日帰り入浴施設は混雑模様。あまり大きくないようなので、わざわざ突入しても結果が見えているといったところ。そこで、その入口にある足湯で、ひといきいれさせていただきました。
落ち着くなぁ…。


a0024448_0425490.jpg(渓谷沿いに建つちょっと落水荘っぽい廃屋)


Team-5kg【63.2】
[PR]
by toyokaku | 2008-12-30 15:11 | 大浴場−関東甲信越の湯

至極の駅前温泉@前橋駅前温泉

前橋市 ナトリウム・塩化物温泉

a0024448_19192926.jpg新前橋の駅を使ったことは、なんどもあるんだけれど、前橋の駅に降り立つのは始めてである。新前橋の駅前にある農協系の店で、前橋の名物だという豚肉をはじめ、上州の牛などの焼肉を堪能し、前橋の駅に降り立ったのは、夜も10時をすぎていたと思う。高架の駅は立派だけれど、それよりめだつ薬局とコンビニ以外はなにもない駅前で、そこから、上毛電鉄の始発駅である中央前橋駅まで、並木道が続いているのだが、とにかく暗い。
前橋のまちは、地元のヒトにいわせれば、とにかく広いんだそうで、だから、余計に空洞化が目立っている。わたしの泊まったホテルも、もともとは、大手の経営によるところだったが、今は、経営が譲渡されているし、その前にそびえる大きなビルも、企業が撤退したらしく、全館空き室となっているようだ。
ホテルの周辺には、コンビニすらなく、新前橋で食事をしてきたのは、ある意味正解だったようである。実は、コンビニを探してふらふらしていたら、地方都市によくある光景の繁華街は、きちんと存在していた。他が暗いから、そこの明るさが余計に目立つ。

a0024448_19201339.jpgそんな前橋の駅から、2分ほどあるいたところに、すごい温泉がある。ビルの日帰り温泉施設なのだが、なんと地下1500メートルからくみ出しているというのに、掛け流しなのだ。井戸水で薄めてはいるようだが、自家源泉の薄い茶褐色のお湯が、なみなみと注がれている。それは、伊香保などと同じ泉質だという。
鉄分が濃いので、毎日掃除しても、すぐにタイルが茶色くなってしまうそうだ。これでも、いちどリニューアル工事して、きれいに磨き上げているらしい。
露天風呂だって、同じである。
もちろん町中のビルにあるので、眺望はきかないのだが、そのかわり、なんだか不思議な洋風の中庭が、広がっている。そして、空が広がっているから、夜風が心地よいのである。
いやあ、電車に乗って、こんな素敵な温泉に来られるとはねぇ。しかも、車社会群馬で。前々から気にはなっていたけれど、わざわざ前橋に宿をとって正解である。
はっきりいって、前日に泊まっていた伊香保の宿よりも居心地がよい(伊香保にだっていい宿はありますので誤解のないように)
いつまでたってもぽかぽか。両毛線の旅の際には、ぜひお寄りしてみてはいかがでしょうか?

ゆゆ
http://www.yuyuspa.com/

Team-5kg【63.4】
[PR]
by toyokaku | 2008-12-28 09:01 | 大浴場−関東甲信越の湯

駅から徒歩0分@猿川温泉

桐生市黒保根町 含二酸化炭素‐ナトリウム・カルシウム‐塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(弱酸性低張性冷鉱泉)

a0024448_2329276.jpg
わたらせ渓谷鐵道は、渡良瀬川にそって足尾と桐生を結んでいる。岐路に立たされている地方鉄道(第三セクター)のひとつである。
その駅のなかに、温泉を併設しているところがある。それが、水沼駅である。

トロッコ列車を降り立ち、駅かとおもって入ってみると、そこは駅ではなく、温泉センター。ホームにそう形で、駅よりもはるかに立派な建物がある。
大きな窓が印象的なお風呂だけれど、残念ながら川はのぞめない。
実は、川沿いにあるわけではなく、川と温泉センターの間に、駐車場や公園があるので、立ち上がれば川は見えるのだけれど、お風呂に入りながらのぞむことはできない。あまり居心地がいい感じがしないのは、混んでいることもある。
露天風呂もあるにはあるけれど、小さいし、内湯以上に眺望がきかない。サウナもかなり小さめ。
かっぱのお風呂っていうのは、この露天のことではないのか、と思いつつお風呂をでると、別棟にあるようだ。
a0024448_2345248.jpgいちど服をきて、かっぱのお風呂へ。かっぱは、ここのキャラクターでもある。
こちらは、大きめの岩風呂。でも、垣根が高くて、眺めはきかない。
お湯もなんだか少ない感じで、ちょっと残念な感じ。


a0024448_23503613.jpg本当なら、鐵道を利用してこの温泉にきてもらいたいところなんだろうけれど、残念ながら結びついているとは言い難い雰囲気もある。
加えて、原油高の影響をうけ、2008年10月から、かっぱのお風呂の営業は休止されている。
また、温泉センターの経営譲渡先を募集していたが、12月29日から営業休止になってしまうそうだ。
クルマ社会群馬では、多少離れていてもライバルになる。
ちょっと厳しいよなぁ、というのが正直なところ。
よい結果がでることを願っています。

Team-5kg【63.8】
[PR]
by toyokaku | 2008-12-27 00:05 | 大浴場−関東甲信越の湯