タグ:山梨 ( 19 ) タグの人気記事

最高の名水とともに@甲斐駒ヶ岳温泉

北杜市白州町 ナトリウムー塩化物強塩温泉(高張性中性温泉)
a0024448_22203991.jpgこの温泉、名水公園の中にある。公園内の駐車場をぐるぐるまわされるような感じですすんでいくと、温泉がある。入浴だけならば、公園の入場料はとられない仕組みのようだ。
それにしても、日本最高級だの超高濃度だの、なんだかうさんくさいすごいのぼりがはためきまくっている。
そう、ここの売りは、濃い温泉なのだ。

さて、その温泉はいかなるものかというと赤湯である。ものすごくにごっていて、足下が見えない。お湯はぬるめでじっくりきく、そんな感じのお湯。
しかし、そんな源泉風呂があるのは露天のみ。しかも、湯量の関係だろう。露天風呂のあるエリアは広いのだが、源泉風呂はどちらかといえばこぢんまりとしたものである。
露天風呂には、その倍くらいの大きさがある浴槽もあるのだけれど、こちらは尾白川の名水を使用。つまり、温泉ではない。
内湯に使われているのは、温泉1に対し名水9というもの。これも、濃度は濃いのだろうけれど、ほぼ透明。赤湯の面影はどこにもない。
よって、入浴客は、源泉風呂に集まってしまっていて、落ち着かないことこのうえなし。
こういうふうに並べられたら、わざわざ名水のところに入ろうとは思わないよな、たいていは。

また、露天風呂も屋根がなく実に開放的でいいのだけれど、たしかに山は見えるけれど、景色を堪能する、という感じでもないのが、ちょっと残念。

すいているときに入ったら、高濃度の温泉は魅力的なんだろうなあ。そう思わせる温泉なのでした。
[PR]
by toyokaku | 2010-10-04 22:32 | 大浴場−関東甲信越の湯

みたまの湯@お湯良し眺望良し

西八代郡市川三郷町 アルカリ性単純温泉
a0024448_1841360.jpg

いうまでもなく甲府は盆地なわけですが、そのため、山沿いからは、美しい夜景を堪能することができます。有名なのは、新日本3大夜景に選ばれたとかいうフルーツ公園でしょう。そのうえにあるほったらかし温泉からの眺望は、なかなかすばらしいものがあります。ただ、いかんせん有名になりすぎ。観光バスでくるなよ…。
さて、前々から気になっていた温泉がありまして、それが今回訪れた温泉です。最寄の高速インターでいえば、甲府南か増穂になります。ということからわかるとおり、わざわざ行くようなところじゃないんです。まわりにこれといった観光地があるわけでなし。しいて言えば、精進湖から降りてくる途中に使えるってことか。で、精進湖や甲府南方面から行くには、「右左口」っていう交差点を曲がるのですが、これなんて読むと思います。「うばぐち」って読むんですよ。ここは、甲府から静岡の吉原を結ぶ中道往還の主要な宿場町だったんだそうです(甲府市の観光ガイドに詳細がのっています→http://www.city.kofu.yamanashi.jp/kanko/history/0125.htm)。徳川家康が整備したのかあ。こんどゆっくりあるいてみたいですね。で、この日は、すでにとっぷりと日が沈んでおりましたので、あたりはまっくら。ところどころ温泉への道案内はでているんですが、若干不安。このあたりって、基本果樹園だからどこ走っても同じような景色だしね。

入浴料を払おうとすると、どちらからと尋ねられます。客層を調べているそうで、レシートを見るとその場所が記録されています。そしてスタンプカードをくれるのですが、なかなかこれないって断ろうとしたら記念になりますから、っていいねえ、そういうお答え。
さて、温泉はというと、これが実にすばらしい。山梨に眺望を誇る温泉はいろいろありますが、眺望も泉質もよし。いうことありません。さらに営業時間が長い。ゆるゆるしちゃいます。加えて、印章づくりも体験できるとか。山梨ですからね。あと花火が名物だそうで、いろいろ展示してあります。
おっとまたしても話しがよれてますな。
お風呂は、薄茶色のお湯が満たされており、とぷとぷとあふれております。かけ流しのお風呂は、加温も加水もなしの源泉100%だそうで。大小の露天風呂があり、これがまたよくできていて、お風呂に入っていても夜景を楽しむことができます。だらっと半身浴状態で入れるような一角も。
それにしても、かなり遅めの時間だったとは思うのですが、なかなかの人気ぶりでした。これは、もっと早い時間だと混みこみなんだろうなぁ。それにしても、極楽極楽。しかし、わざわざここまで来る機会は少ないんだよなぁ。


http://www.mitamanoyu.jp/


Team-5kg【60.8】
[PR]
by toyokaku | 2009-10-03 18:30 | 大浴場−関東甲信越の湯

西川温泉@小さなお風呂

南都留郡富士河口湖町 アルカリ性単純温泉

東京・横浜にいても、森の中の幸せカフェでゆるゆるな休日をすごせるか。
という実験のでした。横浜から高速にのり、富士吉田まで着いたときには、へろへろ。遠いわ、クルマ多いわ。さらに、晴れていた空もすっかり雨模様になってしまいました。
河口湖の手前では、国道が冠水状態。やばいぞ、と思いつつも、河口湖大橋から甲府方面へは、これまた渋滞。うんざりしつつたどり着いたのが、この温泉です。

ネットの情報では、野菜の無人販売所のようなシステム、とありましたが、しっかりと管理人さんがいらっしゃいました。値段もあがっていましたが、17時以降は割引になる模様。
脱衣場も噂通りせまく、風呂場もこれまたせまい。
しかし、先客がちょうどあがったタイミングだったこともあり、貸切状態でゆるゆるとお湯を楽しむことができました。

もともと富士山の煙がみえるところにお湯はわかない、なんていわれていたように、このあたりに温泉は少なかったはずなのですが、今や、どのホテルや旅館にも温泉がひかれています。その源泉のひとつが、このお風呂なんです。
ひとりが足をのばせばいっぱいなサイズの浴槽と岩を配置した数人入れるかどうかの浴槽の二つが並んでいて、木の縁がいい感じです。
岩を配置した少し大きめのほうは、加温・循環。小さめのほうは、加温なしのぬるめのお湯で、掛け流しになっています。いずれも加水はしていないとのこと。また、循環といえども掛け流しのお湯も流れ込んでいます。
個人的には、小さめのほうが気持ちよかったかな?

内湯だし、せまいので、ゆっくりと楽しむという感じではないのですが、こんないいお湯があったんだ、としみじみ。もっとも、他で味わえないというのは、湯量が少ないということなんでしょう。
それにしても、このお風呂の大きさ。数人入ったらいっぱい。はて、混んでしまったらどうしよう。だから、教えたくない。そういう温泉です。

a0024448_0292216.jpg露天風呂はありませんが、足湯があって、これがまたなかなかいい感じです。足湯だけ使うこともできますが、その際は有料になります。
写真をとってさしあげた女子大生風の2人組。なかなかいいところ知ってますな。いやはや素晴らしい。わたしがもう少し元気なら、お友達になって欲しいところでしたよ。
いやいやいや…。

で、週末にゆるゆるすごせるかという企画ですが、このあとまったく運転する気力がなくなってしまい、結論、ぜんぜん疲れがとれませんでした。
いけませんなぁ、湯上がりに3時間運転できないからだなんて。

Team-5kg【63.2】
[PR]
by toyokaku | 2008-12-02 00:41 | 大浴場−関東甲信越の湯

ほったらかし温泉@あっちは夜景

山梨市 アルカリ性単純温泉

a0024448_23441397.jpg

この日は、曇り。山の上のほうにのぼっても景色はどうかな?と思いつつ、フルーツ公園をのぼるうちに、すっかり日が沈む。
めざすほったらかし温泉への道は、あいかわらず狭い。改良がすすんではいるようだけれど、路肩につくった溝にふたがないので、幅寄せは要注意だ。カーナビないから道は間違えようもない。
以前の駐車場の入口ではなく、駐車場の奥に入口が変更されている。それにしても、広大な駐車場。見れば、大型観光バスが3台。えっ?あの道をあがってきたの?しかも、団体客が入浴しているの?

当然、温泉の敷地内には、大勢の客。もうほったらかしじゃないぞ。
前回こっちの湯に行ったので、今回はあっちの湯に。それにしても、にぎわっているねぇ。
内湯は、かなりぬるぬるする感じ。でも、ここにきたら、露天。からだが暖まったら、外へ。やはり混んでますなぁ。
ちなみに、こっちとあっちでは、源泉が違い、あっちのほうが、アルカリ分が濃いようです。

とはいえ、風呂のふちにもたれかかり、新日本3大夜景かどうかはさておいても、甲府盆地の透き通った夜景をめでつつ入るお湯は、いいですなぁ。

しかし、風呂上がり、外がどうしようもなくたばこ臭かったのは、いかがなものやら。


Team-5kg【62.4】
[PR]
by toyokaku | 2008-11-30 23:55

はやぶさ温泉@鯉の口から湯がとびでています。

山梨市牧丘町 アルカリ性単純温泉

a0024448_22214898.jpg

甲府からクルマを走らせていると、富士山が顔をのぞかせていました。この朝は、傘雲がかかっていました。
笛吹川にそって秩父へぬけるR140をのぼっていくと、めざすはやぶさ温泉はあります。
民家が並ぶ一画にあり、これ、温泉?と思えるような雰囲気の日帰り温泉です。
朝一で、入口でうろうろしていてもしばらく相手にされず。まだ早かったかな?と思いましたが、すでに先客がいらっしゃいました。でも、ゆっくり朝風呂を堪能することができました。

a0024448_2223830.jpgそれにしても、すごい自信だわ。全身、からだの中まで温泉につかれるというわけです。
さて、内湯はというと、滝上りをする大きな鯉が飛び跳ねていて(陶器だと思います)、その鯉の口から豪快にお湯が噴き出しています。
こんな温泉の出方、見たことないわ。そのお湯の下に入ると、噴き出すお湯を裏から見つつお風呂に入れるという、なんだか不思議な光景が味わえます。
泉質は、高アルカリをうたっていますが、思ったほどすべすべになる、というわけでもありません。でも、ちょうどいいお湯加減だし、あたたまるし、いやあ、いい湯だなぁ〜。
安心してのめます。そして、のんだところで無味無臭。というか、これこそ天然のアルカリイオン水みたいなもんか。と思ったら、お水、売ってますね。

露天のほうも、うたせ湯のごとくお湯がでています。
露天は、ゆるめかなぁ。
小さな天窓つきの屋根の下、岩にかこまれていて、あまり開放感はありません。
すぐわきは、笛吹川なのになぁ、と思って垣根の間から外をみると、すぐ横は国道の橋。対岸にも建物があるので、開放的にしちゃうと丸見えになっちゃうんですね。

a0024448_22294610.jpgところで、入口にあったこの石碑。よく見ると、山梨県知事の名前が記されています。なんの関係があるのかな?



せっかくなので
[PR]
by toyokaku | 2008-11-29 22:32 | 大浴場−関東甲信越の湯

ほうとぅ〜

さて、そんなこんなで、白山温泉で一息いれて、さて帰ろうかというところ。
みなさん、語尾がおかしいんですけど…、とわたしもろれつがまわっていません。のんでないけど。
おきまりの初狩PAで吉田のうどぅんかな?と思ったのですが、すでに午後7時。なんとなく、ついたときには閉店の予感もあり、メンバーのひとりがほうとうってなに?だった故(他のみなさんは、山梨在住経験あり)、では、ほうとうを食べて帰ろうって、ほうとう屋さんってどこにあるんですか?
御坂峠までいくわけにもいかないしなぁ。このクルマ、家運タックじゃないし。

で、奇跡的に見つけたのがこちらのお店です。
a0024448_12515439.jpg和食屋さん、というか、そば屋さん、というか、うどんもあるし、ほうとうもあるんです。なんでもあります。おいてあった山梨のそば屋の本に(こんなに山梨にそば屋があったんだと鱗もん)乗っていたから、メインはそばなんだと思います。しかし、一同、ほうとうを目指してきたので、ほうとうを注文します。

a0024448_12573920.jpgはい、でっかく自慢ってかいてあったので、コロッケを頼んじゃいました。これ、150円くらいだったと思うんですけど、激しく大きいんですよ。これだけでおなかいっぱいです。しまった、って思いましたね。なぜ、みんなでとりわけん、ですよね。コロッケすきだからか。ごろっといもがはいっているし、長ネギもはいっています。美味しかったですが、そんなところです。

a0024448_12594611.jpg

待つことしばし。でてきました、ほうとうです。3種類くらいあって、これはいちばん高い「殿様」だったかな?鴨肉がはいっています。あと、丸ごとジャガイモがはいってます。なぜか「信玄」のほうが、安いんです。はて?
漬け物が入ってるんですかねぇ。なんかそんな感じの酸味のきいたお味なんですよ。今まで食べたほうとうとは、ちょっと違う感じですね。新鮮です。

はあ、しかし、ここから帰らなきゃいけないっていうのが面倒で面倒で…。
まっすぐ走ったら、あのお風呂屋さんの前を通りました。いやはや、Yナビ、適当に走っても正確に道が通じますなぁ。

芝仙


Team-5kg【61.6】
[PR]
by toyokaku | 2008-07-20 13:07 | スナックひとみしり

白山温泉@武田の息吹を感じながら

山梨県韮崎市 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

a0024448_2220295.jpg以前、行った旭温泉の近く。韮崎市の南ア側にある丘陵地帯に、この温泉もあります。まわりは、のどかな田園地帯。天気がよければ、八ヶ岳方面の雄姿を拝めるはずなのですが、この日はあいにくの雨模様です。

この温泉が名乗るように、このあたりは武田の郷とよばれているようです。近くには、武田家初代が氏神として祀ったことからはじまったとされる武田八幡宮があり、この温泉もそれを目印に向かいます。雨降りでなく、時間もあれば、武田八幡宮をはじめ、史跡をぜひともめぐりたいところです(すみません、立ち寄ってません)。

施設自体は、どちらかといえばこぢんまりとしているほうか。洗い場のお湯が、お風呂に入っているヒトにとばないように仕切がもうけてあったりするところがにくい配慮です。
ちょうどよい大きさの内湯は、ガラスが大きく、あかるい感じ。薄く緑がかったお湯は、美人の湯なんだそう。少しすべすべになります。いい感じにかけながされています。
ここには、露天があり、さほど大きくはないのですが、見晴らしがよさそうです。雨降りなので、巻き取り式の雨よけがだされています。ちょっとデザインがあわないけど。とはいえ、せっかくの露天風呂のふちに寝ているヒトがいて、その雨よけのあるところにはいると、その裸体ばかりが見えてしまう。むむむ。雨もまたよし。雨のあたるほうで、視界にはいらないようにしつつ、雨にけむる韮崎市街方面を眺めていました。庭もきれいにつくられているので、たとえ山並みが見えなくとも十分心地よい露天です。

日曜の夕方であるにもかかわらず、利用客は地元のかたばかりというなんとも和む状況。お田植えの話しをききながら、豊かさってなんだろう、なんて考えちゃったりします。
なんとも居心地の良い感じのお風呂でした。

武田乃郷 白山温泉
http://www.hakusanonsen.com

Team-5kg【62.0】
[PR]
by toyokaku | 2008-06-29 22:10 | 大浴場−関東甲信越の湯

和こしの湯@深夜甲府着もあるら

山梨県甲府市 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(含食塩─重曹泉)

a0024448_21592172.jpgなんだかたらたらとしていたら、すでに午後10時になろうかという時間。
こんな時間に温泉なんて、あきらめてしまうものですが、こういうときにありがたいのがスーパー銭湯です。
地図を見ると御坂のインターで中央道を降りるようになっていますが、東京方面からなら勝沼でも似たようなもの。闇夜のブドウ畑の向こうに輝くのは、甲府の夜景です。これを見ると、ああ帰ってきたなぁ〜という気分になります。って、地元じゃないけど。

R20を曲がってすぐのはずなのですが、確かに入口はわかりにくいです。
駐車場は、奥にあり、結構広大な感じがします。
建物自体は、最近よくあるスーパー銭湯のつくり。和風に仕立てています。
受付の女子が、かわいい…。なんか、たどたどしくて初初しい…。館内の精算はこの札を使って後会計ねってまだ営業してるのかな?なくしたら5000円ね。100円のおつりをかえしておいて、ロッカーは100円が必要ですがありますか?ってきいちゃうあたりかわいい…。いきなり和みポイントですね。
ではなくて、
えっ?そうなんです。価格表を見るとあらかじめ調べたお値段と違います。深夜料金でもあるのかな?と思ったら、本日から値上げになりました。とのこと。700円なら安い!さすが甲府!と思ったけれど、900円ならふつうです。これも、原油高の影響なんだそうで、ここまでくるガソリン代も高かったぞ、ぶつぶつ。

とはいえ、なかなかよい感じのお風呂でして、天然掛け流しをうたっているだけのことはあります。
内湯とまたがる露天風呂は、差し湯しているんでしょう、色はうすくついているかな?といった感じ。内湯の高温はさすがに入れませんが、低温はちょうどよい感じ。露天は、ふちに使われている檜の香りがいい感じです。
おきまりの壺湯があり、これがぬるめでなかなかよろし。ここは、源泉のようですが、もうひとつある露天風呂ともども暗くて実はよく見えていないんです。澄んだ茶褐色のお湯だということはなんとなくわかるんですが。
その露天風呂は、富士大沢石をつみあげたものだそうで、なかなか立派なものです。

いやはや、いいお湯ですなぁ。なんかいい感じに掛け流されています。弱アルカリのようで、少しすべすべします。塩素臭はしません。壁には、山梨の日帰り温泉といえば、そうあのかたの説明がででんとのっています。
風呂桶も木製のモノを使っています。手入れがたいへんだろうし、盗難だってあるだろうに、でも、いいですな。

延々と運転してきて、一日も終わり。疲れがとれますなぁ。って、実は終わりじゃないんですが。
a0024448_2261781.jpg
あまりにゆるゆるしたせいか、このあとねじがゆるみっぱなし。タオルおとしてきちゃったし、今回の行程はずっと忘れ物落とし物続き、ああわたしどこまで落ちるの?みたいな。

風呂上がりの瓶牛乳が、八ヶ岳っていうあたりもぐぅ〜ですね。

ほんとのところは、
[PR]
by toyokaku | 2008-06-25 21:55 | 大浴場−関東甲信越の湯

天女よ舞い降りてくれ@清里温泉

山梨県北杜市高根町 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

夜のお食事をすませてもまだ日があるので、なんとなくあたりをぐるっとまわり、そして清里へ。どうにもこのあたりの道は、わかりにくい気がします。
本日、夜のお風呂は、こちらです。
a0024448_11501940.jpg以前は、アクアリゾートとしてプールと温泉が一体となった施設だったような気がするのですが、今は、経営が民間にかわったらしく、温泉だけでも楽しめるようになりました。
それにしても駐車場、暗くてちょっとこわいなぁ。なぜ日が沈んでから来たかというと、19時をすぎるとお値段が安くなるからなんですね。

もともとプールと一体のリゾート施設ということもあり、設備はしっかりとしているかと思います。
お湯は、パノラマの湯と同じように薄目の茶褐色。
源泉かけ流しとありますが、内湯だけなのかな?
露天はぬるめ。というか、ものすごく塩素くさい。これが、お風呂なのか、はたまた、プールからのものなのかは定かではありませんが、はっきりいって露天は気持ちよくありませんでした。


Team-5kg【62.0】
[PR]
by toyokaku | 2007-07-22 11:59 | 大浴場−関東甲信越の湯

うなぎ泳いでませんけど@正徳寺温泉

山梨県山梨市  アルカリ単純温泉(低張性)

a0024448_23193679.jpgほったらかし温泉をおりてきて、西関東道路ってなんだよ、とかいいつつ、すぐ近くにあるこちらの温泉へ。
もともとはウナギの養殖をてがけていたというこちら。井戸の成分に目をつけ、ほってみたら見事温泉がわいてきたといいます。
よって、ウナギが美味しそうなのですが、今日は、温泉のみ。
研修中のかたの説明を申し訳なくききつつ、さっそくお風呂へ。
お湯はぬるめ。薄い茶褐色です。アルカリ成分でぬるぬるとした肌触りです。うなぎがはいっているわけではございませんが、うなぎの湯です。湯量も豊富でぜいたくにどばどばかけ流されていて、いいですなぁ。
これは、時間があるときには、いいかも。
そんなに風情があるようなお風呂ではありませんが、まあ、大きめの露天風呂にだらりとはいっているのはいいかもなぁ。
しかし、なにせぬるめなので、時間がないときには、ちょっと冷えるなぁ、というところか。
あと、どうしても、山梨に行って、昼うなぎ、という選択肢が出にくいのも難点かな(って、今回の評価は完全に自分の都合で左右されすぎ)。

追記:モール泉を名乗っているようですが、ちょっと十勝川とはちがう感じがしますねぇ。十勝川のようにいかにもなものは浮いていませんでした。もっとも、濃い十勝川にはまだ入浴していないので(十勝川も泳いでないし)、こんどはぜひ正しい十勝川温泉に宿泊したいと思います。いくぞラリージャパン!(って行けないだろうなぁ)

正徳寺温泉☆☆

Team-5kg【61.8】
[PR]
by toyokaku | 2007-07-16 23:17 | 大浴場−関東甲信越の湯