<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

白山温泉@武田の息吹を感じながら

山梨県韮崎市 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

a0024448_2220295.jpg以前、行った旭温泉の近く。韮崎市の南ア側にある丘陵地帯に、この温泉もあります。まわりは、のどかな田園地帯。天気がよければ、八ヶ岳方面の雄姿を拝めるはずなのですが、この日はあいにくの雨模様です。

この温泉が名乗るように、このあたりは武田の郷とよばれているようです。近くには、武田家初代が氏神として祀ったことからはじまったとされる武田八幡宮があり、この温泉もそれを目印に向かいます。雨降りでなく、時間もあれば、武田八幡宮をはじめ、史跡をぜひともめぐりたいところです(すみません、立ち寄ってません)。

施設自体は、どちらかといえばこぢんまりとしているほうか。洗い場のお湯が、お風呂に入っているヒトにとばないように仕切がもうけてあったりするところがにくい配慮です。
ちょうどよい大きさの内湯は、ガラスが大きく、あかるい感じ。薄く緑がかったお湯は、美人の湯なんだそう。少しすべすべになります。いい感じにかけながされています。
ここには、露天があり、さほど大きくはないのですが、見晴らしがよさそうです。雨降りなので、巻き取り式の雨よけがだされています。ちょっとデザインがあわないけど。とはいえ、せっかくの露天風呂のふちに寝ているヒトがいて、その雨よけのあるところにはいると、その裸体ばかりが見えてしまう。むむむ。雨もまたよし。雨のあたるほうで、視界にはいらないようにしつつ、雨にけむる韮崎市街方面を眺めていました。庭もきれいにつくられているので、たとえ山並みが見えなくとも十分心地よい露天です。

日曜の夕方であるにもかかわらず、利用客は地元のかたばかりというなんとも和む状況。お田植えの話しをききながら、豊かさってなんだろう、なんて考えちゃったりします。
なんとも居心地の良い感じのお風呂でした。

武田乃郷 白山温泉
http://www.hakusanonsen.com

Team-5kg【62.0】
[PR]
by toyokaku | 2008-06-29 22:10 | 大浴場−関東甲信越の湯

和こしの湯@深夜甲府着もあるら

山梨県甲府市 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(含食塩─重曹泉)

a0024448_21592172.jpgなんだかたらたらとしていたら、すでに午後10時になろうかという時間。
こんな時間に温泉なんて、あきらめてしまうものですが、こういうときにありがたいのがスーパー銭湯です。
地図を見ると御坂のインターで中央道を降りるようになっていますが、東京方面からなら勝沼でも似たようなもの。闇夜のブドウ畑の向こうに輝くのは、甲府の夜景です。これを見ると、ああ帰ってきたなぁ〜という気分になります。って、地元じゃないけど。

R20を曲がってすぐのはずなのですが、確かに入口はわかりにくいです。
駐車場は、奥にあり、結構広大な感じがします。
建物自体は、最近よくあるスーパー銭湯のつくり。和風に仕立てています。
受付の女子が、かわいい…。なんか、たどたどしくて初初しい…。館内の精算はこの札を使って後会計ねってまだ営業してるのかな?なくしたら5000円ね。100円のおつりをかえしておいて、ロッカーは100円が必要ですがありますか?ってきいちゃうあたりかわいい…。いきなり和みポイントですね。
ではなくて、
えっ?そうなんです。価格表を見るとあらかじめ調べたお値段と違います。深夜料金でもあるのかな?と思ったら、本日から値上げになりました。とのこと。700円なら安い!さすが甲府!と思ったけれど、900円ならふつうです。これも、原油高の影響なんだそうで、ここまでくるガソリン代も高かったぞ、ぶつぶつ。

とはいえ、なかなかよい感じのお風呂でして、天然掛け流しをうたっているだけのことはあります。
内湯とまたがる露天風呂は、差し湯しているんでしょう、色はうすくついているかな?といった感じ。内湯の高温はさすがに入れませんが、低温はちょうどよい感じ。露天は、ふちに使われている檜の香りがいい感じです。
おきまりの壺湯があり、これがぬるめでなかなかよろし。ここは、源泉のようですが、もうひとつある露天風呂ともども暗くて実はよく見えていないんです。澄んだ茶褐色のお湯だということはなんとなくわかるんですが。
その露天風呂は、富士大沢石をつみあげたものだそうで、なかなか立派なものです。

いやはや、いいお湯ですなぁ。なんかいい感じに掛け流されています。弱アルカリのようで、少しすべすべします。塩素臭はしません。壁には、山梨の日帰り温泉といえば、そうあのかたの説明がででんとのっています。
風呂桶も木製のモノを使っています。手入れがたいへんだろうし、盗難だってあるだろうに、でも、いいですな。

延々と運転してきて、一日も終わり。疲れがとれますなぁ。って、実は終わりじゃないんですが。
a0024448_2261781.jpg
あまりにゆるゆるしたせいか、このあとねじがゆるみっぱなし。タオルおとしてきちゃったし、今回の行程はずっと忘れ物落とし物続き、ああわたしどこまで落ちるの?みたいな。

風呂上がりの瓶牛乳が、八ヶ岳っていうあたりもぐぅ〜ですね。

ほんとのところは、
[PR]
by toyokaku | 2008-06-25 21:55 | 大浴場−関東甲信越の湯

遅れっぱなしの副都心線に乗ってきました。

駅の遅延情報に「副都心線」の文字を見て、ああ新しい路線が開通したんだなと実感しました。

って、おい!

a0024448_21285935.jpg

<東京メトロ>14日開業の副都心線、「不慣れ」で遅れ | エキサイトニュース

16日午前7時20分ごろ、東京都練馬区小竹町の東京メトロ副都心線小竹向原駅で、和光市発渋谷行き電車の発車が、同線に乗り入れている西武池袋線との接続待ちのため5分ほど遅れた。さらに、乗務員交代で西武の車両に乗り込んだ東京メトロの乗務員が、行き先などをタッチパネルで入力する操作に手間取って副都心線のダイヤの乱れが拡大。最大で34分の遅れとなった。

 同社は「運転士が不慣れで戸惑った」と説明している。渋谷―和光市駅(20.2キロ)を結ぶ副都心線は14日に開業したばかり。


建設費とCMにお金を使いすぎて、肝心のシステム面には力が入らなかったんでしょうか?とでもいいたくなりますよな。
「不慣れで戸惑った」ったねぇ。直通運転にあたり訓練してるでしょうに。これが、運転に関することだったらどうするんだっていうの。
でも、ワンマン運転をしているので、たしかに運転手への負担は大きいんだと思います。それに、この路線、行き先や運転体系がメタボですからね。いったい誰が考えたんだろ。どうみても大人の事情にしか思えません。
やはり、会社がそこいらへんしっかりやってくれないとねぇ。

とはいえ、このポスターはうまいと思いますよ。わかりやすいもの。
a0024448_21221234.jpg


というわけで、開業2日目に副都心線に用もないのに遠回りして乗ってきました。
大宮で若さにくらくらしつつ湘南新宿ラインで池袋へ。車内放送は対応していますが、LED表示にはまだ「副都心線」の表示がありません。
ひさびさの池袋は、大宮以上に苦手です。でっかい大宮という感じもしますが、なんかちょっと危ない雰囲気。芸劇のエスカレーターも苦手だし、やはりなるべく近寄らないようにしたいなぁ…。

(以下、長文、続きます)

副都心線に乗りました。
[PR]
by toyokaku | 2008-06-16 20:59 | スナックひとみしり