<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

北村温泉@たぶんまわりはなにもない

北海道岩見沢市北村 ナトリウム塩化物強塩泉


先月、思いたってちょっと北海道の林檎先パイのおうちにおしかけてきました。
思い起こせば12年前、先パイたちと流氷を見に行ったものでした。当時、倶知安にあった先パイのうちを根城に、ジムニーで五色やらの温泉に連れていってもらったものです。改装前の雪秩父の半混浴露天風呂で雪合戦をしたのもいい思い出です。

もちろん、そんなジムニーはいまだご健在、家族の通勤車として活躍しているようですが、先パイ、ボルボ850を買われたそうです。
おぉ、あこがれの850じゃないですか。
もうかれこれ10年くらい前のクルマになるので、最近ではあまり見かけませんが、飽きのこないいいデザインをしていますよねぇ。
最近、これだけ四角いデザインのクルマはなくなってしまったので、逆にとても新鮮に見えます。
いやぁ、いいクルマだなぁ。
乗り心地もいいなぁ。
このノブはなんだろう?
いかんいかん、室内のドアノブが、ものすごく変なところについていて、ついうっかりさわりたくなっちゃうんです。あぶないあぶない。

そんな素敵なボルボ850の後席で、ダメ人間の限りをつくす状態で、ぼんやりと白くうつる夜の平野を眺めつつ、連れていってもらったのがこちらの温泉。
a0024448_22502192.jpg
看板がでかい。
空知は、温泉不毛地帯なので、なかなかよさげな温泉がないんだそうです。
ちなみにここは、もともと北村という村だったのですが、市町村合併によって今は岩見沢市になっています。そして、もともと同じ建物に民営のホテルと村営の入浴施設が同居していたのが、一緒になったんだとか。
まあ、そんなことはどうでもいいのです。
とりあえず温泉っと。

雰囲気としては、ちょっと前のつくりの日帰り温泉です。あまり広いとはいえません。
お湯は、源泉かけ流し加水なしなんだとか。そうなんか、そういえば、そうかもなぁ。すばらしいなぁ。

ちょっと褐色のお湯は、塩分が高め。顔がひりひりします。
露天風呂もあるのですが、へんなつくりになっていて、手前に小さいのがひとつ。奥の一段上がったところに、少し広めなのがもうひとつ。
もともとあった手前のは、居心地がよろしくありません。奥のはあとからつくったんだそうで、掘ってつくるというようなことをせず、手っ取り早く浴槽をつくったもんだから、一段あがっちゃってるんですね。
先パイは、露天は居心地がよくないといってましたが、
わたしは、好きかも。
ちらりちらりしてくる雪と漆黒の闇を湯気の合間に見ていると、なかなか気持ちいいですよ(眺望はまったくありません)。

このボルボなら、長距離行っても大丈夫だなぁ、って、自分のクルマじゃありませんから!


Team-5kg【63.6】
[PR]
by toyokaku | 2008-03-16 09:32 | 大浴場−北海道の湯