<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ひさしぶりにJリーグ@等々力へ。

いやはや、小瀬も暑かったけれど、今日の等々力も暑かったです。
今年5月なのにもう2回も日焼けしてます。
このあいだ肌白いねぇ〜っていわれたばかりなのに。
むぎくさ前に日焼けかよ。

ん〜、どうせ日焼けするならサッカーみてじゃなくてサッカーして日焼けしろ!ですよねぇ。

しかし、体調がすぐれないので、ビールものまずに観戦しました。試合後温泉で汗をながし小杉でうまいビールでも堪能したいところでしたが、いやはや、酒がのめません。
でも、楽しい飲み会だとのんでしまう。場にのまれちゃうんですね。
帰りにららぽーとによって美味しいものでもと思ったものの、着いた時点で体調が最悪となり、雨も降りそうでしたので、すぐに撤収して家路をいそぎました。

a0024448_2244464.jpg
(選手の到着に盛り上がる大宮サポのみなさん)

さて、試合のほうはといえば、すっきりしない展開でした。あげくロスタイムに同点に追いつかれるなんて、なんなんだよ!

今週は、まだ始まったばかりですよ!

a0024448_22461765.jpg出場停止が続いていたガナが等々力に帰ってきました。しかし今日はジュニがいません。セッキーもいません。選手紹介の最後に「コーチ」ってひびきわたると苦笑があちらこちらからきこえてきたのは、空耳ではないはずです。

ああ、やってられないわ、もう。

フランシスマールさんが帰ってきてくれたのが、せめてものすくいですか?


というわけで、小瀬に引き続き、なごみの写真で癒されちゃいますか。

a0024448_2249981.jpg等々力の3キャラクターそろい踏みです。ちなみに今日のあんたが大賞は、10分の1サイズのガンダムフィギア。ん〜、いえにあっても邪魔だなぁ。抽選会のガンプラは、2番違いではずれでした。それにしても、なんどみても思う。カブ、薄いなぁ。


a0024448_22535221.jpg最近、新キャラクターとして定着しつつある「てんけんくん」です。自らくんを名乗ってしまうあたりがポイントですかな。まだ動きがこなれていないような気が。都バスのラッピング広告に、このイヌの女の子がかいてあるのですが、なんという名前なんでしょうか。ラッピングといえば、六本木らへんの港区を走っているコミュニティバス「ちいばす」。東京の富士急が運行しているのですが、マークがこっそり富士急らしさを主張しているだけで、あとはイラストのラッピングなので、見てもそんなに苦笑しないのですが、今日見てしまいました。真っ白のボディに「富士急行」のでかい文字。以上。代車なんでしょうか。一瞬、山梨にどこでもドアしちゃったのかと思いましたよ。


a0024448_22582723.jpgすっかり人気者です。かぶ。もといピーカブー。登場当初は、ふろん太くんに付き添われるようによちよちとした動きを見せていたのですが、今となっては、オーロラビジョンに流れるCMでサッカーをやろうとしてみたりするなど、動きがどんどん活発になっています。しかし、白い肌故さわられるのが苦手なのか、いやいや、もともと土に埋まっていたものだし、という説もありますが、

a0024448_2313816.jpg
近くで見るとところどころによごれが。
カメラ向けたらポーズをとってくれました。ありがとう☆
感謝をこめて

かぶの頭アップ!

ついに、握手しちゃいました☆



a0024448_2325591.jpgそして、ふろん太くんです。等々力では、ピーカブーのポシェットをつけています。


さて、Jは小休止。川崎は、次は名古屋。そして、その次は、
a0024448_2364066.jpg

・・・。
すみません、山梨で稲植えてますので欠席します。


Team-5kg【61.8】
[PR]
by toyokaku | 2007-05-27 23:03

さて小瀬力ですよぉ

a0024448_22423599.jpg

シャトルバスに揺られて、着きました。
小瀬(こせ)スポーツ公園です。
ここに来るのも何年ぶりなんだろうなぁ。
といっても、前回は高校生の引率で来たのですが。ええ、お仕事です。
それにしても早い!開門30分前に来ちゃったよ。しかも今日は、甲府サポのT嬢が会員特権で先に入場して席を確保してくれることになっているから、まったく意味がないのですが、そこは礼をつくすということで。
ちなみに、小瀬は面白いシステムをとっていて、入場待ちの最後尾のヒトが自ら最後尾の看板をもってたち、誰かがたったらまわしていくようになっています。なんかいいなぁ、これ。

さて、陸上競技場はどっちだろうなぁ。
なんとなくヒトの流れについていってみますか。
とあるいていたら、おぉ、川崎サポ大量発見。
アウェイ側のゴール裏席入口に行列ができています。
なにせJTBアウェイツアーのバスの台数は8台ですから。
ついでにいうとこのひとたち、すでにワインを試飲されているはず…。
そして、そのわきでは、高校生(?)がサッカーを。
ああ青春してるねぇ。
砂埃に光る汗。見つめる女子。
いいねぇ。
サッカーしたいなぁ。思いっきりグラウンドを走りたいなぁ。走るの好きじゃないけど。
いや、今年こそサッカーしますよ。どなたかいっしょにやりませんか?

で、せっかくなので、スタジアムのまわりをぐるりと。
ヴァンフォーレは、「甲府」という名前ではありますが、山梨県内全市町村をホームとしているので、全市町村の旗がたなびいています。懐かしいあの旗もあります。それにしても、甲斐市と甲州市は名前が紛らわしいぞ。中央市はどこの中央なんだ?とかとか。まあまあ。

あるいているとなにやらひとだかりが。
a0024448_22455772.jpgおぉ、クラブマスコットのヴァンくんじゃないですか。イラストより実物のほうがはるかにかわいいぞ。川崎サポにも大人気です。


で、その近くには甲府サポにも大人気のふろん太くんが。
a0024448_22551084.jpgなにやら甲府にきたことがすごくうれしいらしくって、地面を転がりまわっています。
さらに、腕立て伏せまで!どんだけ嬉しいんだよ。こんなふろん太見たことないです。
とかいいつつ、こちらもふろん太くんと写真撮っちゃった。等々力でふれあったことすらないというのに(..;)

ちなみに、Pカブはきていません。

ヴァンくんとふろん太くんは、とても仲良し。なにせメールでやりとりする仲ですから。てか、ヴァンフォーレ日記、面白すぎだぞ。
ちなみにヴァンくん、柏戦の時に早野組の看板をけりまくったり(スポンサーなのに)と、ほんとうにお茶目なキャラクターのようです。

しかし、こうやってならんでみると、ふろん太でかいなぁ・・・。
a0024448_23251088.jpgふろん太くんも川崎山脈の一因だということがよくわかります。
ちなみにこのシーンを背中側から撮影した写真がフロンターレ日記にでているのですが、たぶん右端のきれたあたりにわれわれはいました。

バックスタンドに陣取りましたが、こちらにも川崎サポがしっかりといます。
それにしても、山が近くて、空気がすんでていいなぁ、っていったら、山遠いってT嬢につぶやかれました。そらそうです、郡内は山の中ですから…。

さて、アウェイグルメということで小瀬ではいろいろ美味しそうなものをうっておりましたが、やはり山梨ということで、こちらでございます。
a0024448_23291593.jpgかちわりワイン。
単なる氷割りのワインでございますが、なかみはサントリー。
とはいえ、そこは山梨、もちろん一升瓶にはいっていたワインでございます。
小瀬では、デポジット制のカップを使用していて、100円上乗せされて販売し、カップ返却時に100円を返してくれます。
等々力のタンブラーもいいけど、忘れた!とかそういうときにはこの方式もありがたいですね。環境に優しい以前に紙コップってどうも味気ないもの。
等々力でも導入して、タンブラーと併用してくれないかなぁ。

試合のほうは天候同様あついものでして、どんどん加熱していくT嬢を横目に見つつ、まわりのヴァンフォーレサポに気をつかいつつ、楽しく観戦させて頂きました。
甲府、いいところですねぇ。
ヴァンフォーレ甲府は、わたしも神奈川勢の次に応援しています!
そして、強くなって、山梨がもりあがって、次は小瀬にオーロラヴィジョンをつけてください

帰りはT嬢にあのころとかわらないクルマで(なんだか思い出詰まっているのよねぇ)大月駅まで送っていただき(ありがとう!)、千葉行きあずさでぐったりしつつ一直線。残念ながら次節出動する元気がなくなりました。すっかり小瀬力にやられてしまったんでしょうか?


Team-5kg【61.4】
[PR]
by toyokaku | 2007-05-21 23:32

十数年ぶりの甲府です

もっぱら甲府に行くときは、クルマ。よって、20号バイパスやら湯村温泉のほうやらはとおるのだけれど、駅周辺にはいかないよねぇ。というのは、このまちの悩み、というより、地方都市全般に共通する悩みだろう。
しかし、電車で行ってみると、こんなところだったっけか?と、覚えているのは山交百貨店だけだったりする。タワーマンションまでできちゃうご時世なのね。
a0024448_9345475.jpg
今、甲府は大河ドラマに関連するイベントを開催している。その会場の一角で、清里のあのソフトクリームを売っていたよぉ〜。KRC本サイトの表紙にも使っているあのソフトクリームである。ならば、食べねば、ということでいただきま〜す。
やわらかいからお気をつけくださいって、ほんとうにやらかいのね。

甲府駅に東京方面から列車が入ってくるときに石垣が見える。それが「舞鶴城公園」。甲府城の跡地を整備したもので、近年、門や稲荷櫓が復元され、ようやく城跡らしくなっている。
つまり、自分が前回この町に来たときには、単なる公園でしかなかったわけである。
駅の真横に位置し、というか、甲府駅自体城内にさしかかっている。
a0024448_9435215.jpg
甲府城には天守台まではあるのだが、天守閣があったのかどうかは資料がはっきりとせず不明で、復元ができないのだそうである。
ちなみに、甲府といえば武田信玄公が有名であるが、甲府城ができたのはそのあとの時代。徳川家の命によりつくられたものである。

しかし、甲府といえば、武田信玄公。いやいやあんなにおおきなかたではなかったですよぉ。
a0024448_9525646.jpga0024448_9531567.jpg今年はお二人市内にいらっしゃるようです。


Team-5kg【61.6】
[PR]
by toyokaku | 2007-05-20 09:54

甲府は熱烈歓迎してくれます。

さあ、いざ甲府へ!
a0024448_12452890.jpga0024448_1241370.jpgここまできても、スイカが使えます。でも、簡易Suica改札機なんですが。
で、タッチ!
ん?反応しない。あれ?
駅員さんにきいたら「今調整中なのででるときに申告してください」
って、つかえないのかぁ・・・。意味ないじゃん。


a0024448_12445874.jpga0024448_12462666.jpg中央線では、まだ115系が現役で活躍しています。なんだかボックスシートっていいですよねぇ。窓も下からあくし、旅気分が盛り上がりますなぁ〜。
a0024448_13355281.jpgスカ色の115系も活躍してるよぉ〜。

a0024448_1247423.jpgはまかいじも運転しています。この日は松本行き。でも、はまかいじって行き先を表示しないんですね。a0024448_13364720.jpg
ついでに茶色のEF64よ☆


a0024448_12482323.jpgさて、甲府駅に着きました。十数年ぶりにやってまいりました(甲府駅にね)。今、大河ドラマでもりあがっている甲府でございます。改札内には、武田の垂れ幕が。そして、改札をでるとありました!

a0024448_12494020.jpgホームチームであるヴァンフォーレ甲府のフラッグと本日の対戦チームである川崎フロンターレのフラッグ、そして風林火山の旗がなかよく改札前に飾られています。

a0024448_12522919.jpg駅ビル内にもフロンターレのフラッグが。そして、駅前の山交百貨店さんにもありますよぉ。
a0024448_12533774.jpgそうそう、この百貨店ってわたしがうまれてはじめて曲がるエスカレーターを体験した場所でした。そして、なんだか今でも雰囲気がかわっていないような気が・・・。

それにしても、さすが、Jリーグ屈指のアウェイサポを歓迎するまちといわれるだけのことはあります。なんだかきてよかった〜って思わせますもの。全チームのフラッグもってるのかぁ、すごい。

a0024448_1257017.jpgここからは、臨時シャトルバスで小瀬へ。
南アルプス天然水のCMに旧塗装の山梨交通のバスがでてきますが、こちらにはヴァンフォーレ仕様のバスがいます。本当は往復チケットがほしかったのだけれど、帰りは甲府サポのT嬢におくってもらうことにしているので、そのままバスへ。もちろん、パスモは使えません(でもICカードは導入しているからそのうち使えるようになるんでしょうね)。ちなみにわたしが乗ったのは山交タウンコーチの小さめのバスでした。

バスの前では、サポのかたが(http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=buskosevfk)がボランティアでビラを配っています。
みなさんバスで小瀬にいきましょう!とアピールされています。そらそうです。バスで行けば、山交ももうかる、甲府市内ももりあがる、スタジアムでビールものめる、いうことなしですがな。
それに、もうひとつ理由があって、みんな小瀬までクルマで応援にくるんですが、なにせ駐車場が確保されていますから問題なくこれるんですが、帰り周囲の道路が大渋滞。あいた土地にバイパスを転々とつくるけれど、肝心なところの道路整備ができていないのでお馴染みの場所ですから、小瀬の周囲もこういう状況になってしまうのです。
で、まあ、バスで行けたとしても帰りは大渋滞にまきこまれてしまうわけなのです。
バスの本数も少ないし、電車の本数はもっと少ないし、もう少し利点がないと使えないですよねぇ。
帰り、新宿直行のバスが小瀬からでますが、新宿だけじゃなくて、県内各地に行くバスを運転するとか、甲府から臨時列車だすとかしないと、なかなかクルマからシフトしないんじゃないかなぁ。

なにはともあれ、大歓迎をうけての小瀬入り。
これがいわゆる
小瀬力
っていうやつのひとつでしょうか?
ほんとう、甲府って暑いけどいいところです。

Team-5kg【61.6】
[PR]
by toyokaku | 2007-05-19 13:07

ブドウ畑の小径をあるいていたら

こんな看板がぶら下がっています。
a0024448_2153241.jpg

誘われるようにふらふらと導かれていくと、立派な看板、そして、素敵な旧家を改築したような建物が。
a0024448_2161496.jpg

ワイナリーです。
1階は、ワインの販売コーナー、2階はカフェになっています。
ここまで、農家の方以外誰も見かけなかったのに、ここにきてようやく観光客を発見。わたしも疲れたので、一休みしていきます。ワインをのめるのは、クルマではないことの特権でしょう。
a0024448_2164310.jpg

ウインナーは、都留のはむ屋さんに特注でつくらせたものだそうです。
友人に、はむ屋さんが好きだというヒトがいるのですが、残念ながら、わたしは未訪。
クルマで行こうとすると、ちょっととめるところがなかったりして、不便なのです。だからといって、電車で行けるようなところでもないし。
美味しいウインナーに美味しいワイン。いい。

http://www6.ocn.ne.jp/~hamuya/

Team-5kg【62.6】
[PR]
by toyokaku | 2007-05-16 21:01 | DeepRiverCafe

ぶどう郷の風にさそわれて 

今年はじめての山梨行きです。

13時半新宿発。
a0024448_22202642.jpga0024448_2240112.jpga0024448_22403331.jpg(運転席にあの売り切れた限定バスコレ(Nゲージサイズのプラモデル)がつけてある。ほしぃ〜。)

お馴染みの白バスに揺られることおよそ1時間半。
ふだんは、横浜からクルマで山梨入りするのですが、新宿からバスルートだと実はこんなに山梨近かったのです。
そして、ほぼ定刻に勝沼到着。
う〜ん、ぶどう畑が広がっていて、気持ちいい〜。
a0024448_22231224.jpg

しかし、勝沼のバス停は、勝沼インターをおりたところ、つまり、町はずれにあります。また、勝沼ぶどう郷の駅も町はずれにあります。
目指す場所は、その駅の方角なのですが、ここからの移動手段がありません。
通常、このバス停で降りた場合、お迎えがくるのですが、そういうものがあるはずもありません。
勝沼町内を町民用のバスが走ってはいるのですが、利用者はお年寄りを想定しているということもあって、とても観光用に使えるようなものではなく、次のバスまであと1時間。しかもバス停がどこにあるのかよくわからない。
当然、タクシーが流れてくるはずもないし、たとえ流れてきたとしても猛スピードで帰り道を急いでくるので、とめられるはずもありません。
でも、ワイナリー見学用に観光用の巡回バスを運行したらいいんじゃないかなぁ。しかし、土日は休みのところも多いらしいけど。

待っても1時間。あるいても1時間。
というわけで、てくてくとぶどう郷の風を感じながら、ブドウ畑のあいだの小径をてくてくとあるいていきます。

しかし、この日は、ものすごく日差しがきつく、そして暑かったのです。
こんなことならJRにしておけばよかったと反省しつつ、その駅をめざしてなんとなくあるいていきます。
それでも、えっちらおっちら丘をあがり、ふりかえると、そこから甲府の盆地が広がっていて、気持ちいいものです。
ぶどうは、新緑。ようやく葉がつき始めたところです。
勝沼のブドウ畑は、基本的に棚がつくられていますが、なかには、垣根で栽培しているところもまれにあります。

甲州種ブドウを垣根栽培 白百合醸造
仕立て方や栽培方法変え、品質比較
 (山梨日日新聞)
ワインメーカーの白百合醸造(甲州市勝沼町等々力、内田多加夫社長)は、甲州種ブドウの垣根栽培に乗り出した。内田社長が一月に、勝沼ワイナリーズクラブで訪れたドイツで甲州種の垣根栽培を視察し、現地の取り組みに触発されたことがきっかけ。さまざまな木の仕立て方や栽培方法を試し、それぞれの品質の違いを検討していく計画で、内田社長は「ワイン造りに最適なブドウ作りを目指す」と話している。
 垣根栽培は棚栽培と比べ、一本の木から収穫できるブドウの数が少なく、糖度の高い凝縮感のあるブドウができる。外国のワイン産地では広く定着していて、内田社長が視察したドイツでは最近、芳醇(ほうじゅん)な甲州種のワイン造りに成功している。
 同社はこれまで、シャルドネやカベルネ・ソーヴィニヨンなど外国産品種では垣根栽培を試してきた。「甲州種は長く垣根には向かないとされてきたため、実践しようという発想がなかったが、ドイツでの成功を目の当たりにし、試したいと思った」(内田社長)という。



a0024448_22334178.jpg
さすが山梨。窓の格子も武田の四菱なんですね。
[PR]
by toyokaku | 2007-05-15 12:57 | 観光案内

ちょっと甲府にいってきました。

黒津、小宮山らを初招集 サッカー日本代表候補
日本サッカー協会は13日、6月の国際親善試合、キリンカップに向けた合宿に参加する日本代表候補25人を発表し、FW黒津(川崎)杉本(名古屋)DF近藤(柏)小宮山(横浜M)の4人を初招集。


ということで、ヴァンフォーレサポのT嬢から招待をうけましたので、小瀬まで行ってきました。
試合は、開始早々ヴァンフォーレが得点したものの、結果、1-3でフロンターレが勝ちました。
フロンターレ只今2位でございます。

ヴァンフォーレ甲府さん学習用参考映像
[PR]
by toyokaku | 2007-05-13 22:06

赤ヱビス緑ヱビス黒ヱビス

a0024448_2243263.jpg

期間限定の琥珀ヱビス。
去年末でしたっけねぇ。あれ、なかなか美味しかったと思います。
こんどのヱビス ザ ホップ
美味しいとは思うのですが、なんだか、こう、いまひとつパンチが足りないというか。でも、美味しいですよね。ノーマルのヱビスよりのみやすい感じがします。
そういうヱビス派生商品の第一号は、黒ヱビスでしょう。
はじめは、ヱビスで黒?と懐疑的だったのですが、のみなれてくるうちに、これ美味しいかも、と思うようになり(というかそれまであんまり黒ビールってのまなかったんだよねぇ)、たまにのんでいます。
それが、いつのまにか、ヱビス ザ ブラック に名前がかわってます。
しかも、これだけ、他のヱビスとラベルが微妙に違う。
なぜ?

Team-5kg【61.8】
[PR]
by toyokaku | 2007-05-10 22:47

泣いてやっても

ファイト

a0024448_23271695.jpg


HOTEL TOYOKAKUは、サッポロビールを応援しています!

そして、自分に期待することにします。花は咲かなきゃ散れないだろ!!


Team-5kg【62.0】
[PR]
by toyokaku | 2007-05-06 23:27

だまって背中で

がんばれサッポロビール

a0024448_10461687.jpg


HOTEL TOYOKAKUは、サッポロビールを応援しています!

はじめていっしょにのんだひとに「スードラ苦手なの」といわれてちょっと嬉しい今日この頃


Team-5kg【62.0】
[PR]
by toyokaku | 2007-05-04 10:47