<   2005年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Mac miniは、どうなんだ?

週末の日本代表-柏レイソルカザフスタン戦、つまんなすぎて前半は得点シーンをのぞいて寝ていたよ(-_-)゜zzz…。だって、気をはいていたのは、玉やんだけだった気が。勝つには勝ったけど、相変わらずもたついているというかおそいというか、守備も危なっかしいし。
さて、そんな週末でしたが、実家でラジカセを買いたいということで、Yマダ電機をハシゴしてきました。実は、ちょっと離れたところに2店、もう少し離れたところに1店あるんですよ。で、そこはKジマと比べてるんですね。値段。でも、近所にKジマなんてないんですよ。それで、お値段的にお高かったので、やめたんですが、やはり欲しいということでYドバシカメラにいってみることに。でも、その途中にもう少し離れたところにあるYマダがあるんですね。そしたら、ここはYドバシ対抗価格にしたうえに、ポイント還元率が1%高く設定してあったんですよ。そういうこともあるんですねぇ。
ちなみにPSXは、すでに販売完了。
で、Mac miniがいよいよ店頭発売。たぶん、うちのiBookが世代交代するとすれば、これなんじゃないかと思ってます。もちろんまだ買いませんが。
で、お店にいったら、メモリの増設などは、Appleに持っていくようにって書いてあるんですね。結局、高いものになっちゃうような気がしますねぇ。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-31 21:12 | a

それは、ポートピア以前の話

うどん踏みロボット「ふみちゃん」は働き続けていた!! | Excite エキサイト
a0024448_15434040.jpg
ここ数年ヒューマノイド・ロボットはどんどん進化しているが、個人的にずっと気になっているロボットがある。今から25年前に讃岐うどんの本場、香川県で産声をあげたという、うどん踏み専用のロボット「ふみちゃん」だ。

「ふみちゃん」は本来はうどんを踏む足部分だけでも成立する機械なのだが、やはりヒューマノイド型の好きな日本で生まれただけあって、足だけでなく上にマネキンのような身体がついていて絣の着物を着ている。

この「ふみちゃん」を作ったのは地元香川県で農業機械など数々の発明品を作ってきた武内重義さん(78)。武内さんにふみちゃんの現在の様子を聞いてみると、「今は工場も閉めて製造をやめちゃってるんですよ。部品の供給もしてないんです」とのお答え。ふみちゃんは人間と同じスピードでしか仕事ができないため、ちょっと効率が悪かったらしい。


うどん自動調理販売機(旧サイト HOTEL TOYOKAKU うどん自動調理販売機はいずこに?参照)というのは、今でも、細々と各地で現存しているそうですが(高知まで行っておきながら、時間がなく未訪)、うどんをつくる看板娘ともいえるロボットが存在していたとは。
ロボットなのに決して効率がよくなるわけでもなく(楽にはなるんだろうけど)、人間とおなじだけしか仕事できないというあたり、ほのぼのとしてよろし。でも、それじゃ、売れないだろうけど。
そもそも、うどんを足で踏もうなんていう発想からして、受け入れがたいだろう(そうやってうまくつくるうどんももちろんありますが)。
この人間と同じだけの仕事をするふみちゃん、ならばきっと実力勝負に違いないはずと思ったら、事実いい仕事するらしい。
「ふみちゃん」が井原さんの店にやってきたのは誕生間もない頃らしい。井原さんがうどん屋さんを始めたのは昭和54年。店を出して1年するかしないかで武内さんが「ふみちゃん」を売り込みに来たのだそうだ。うどん踏みはうどん作りには重要な工程。「ふみちゃん」がどんな仕事ぶりなのかを試した井原さんは驚いたそうだ。

彼女の踏んだうどんは練った小麦粉からしっかり空気が抜けていて固さのあるいい具合のうどんに仕上がっていたので一目で「ふみちゃん」を気に入りはさっそくお店の一員に。以来約25年、ふみちゃんはしっかり働いてくれているそうだ。

もう部品もないそうですから、いつまでも大事にして現役で活躍してもらいたいものです(飾っただけでは単なるマネキンになってしまう=道具は使ってなんぼや)。

もっと気になるのは、この「手打讃岐うどん群 いはら」というお店。調べてみたら、うどん屋さんなのに、思いつきでお好み焼きを出したら大うけして、以来“お好み焼きの仕上げにうどん”というスタイルになったらしい。すんごい、気になるけど。
場所は、JR宇多津駅から徒歩15分。次回の讃岐うどん巡礼は、ここで「ふみちゃん」に出会い、高知でうどん自動調理販売機を探す。というので、どうでしょう?
[PR]
by toyokaku | 2005-01-29 15:57 | e

どこ見てんのよ!って、観光バスですから

青木さやかのバスツアー(産経新聞)
西日本JRバスでは、人気お笑いタレントの青木さやかがバスの添乗員として乗り込むツアーを企画、27日から募集を始めた。

西日本JRバスのCMキャラクターだったんですね、さやか姉。このツアー、大阪駅前発着で、日帰りで鳴門、南淡路方面を巡るというもの。「何があっても驚かない。」というのがテーマらしい。これで、22,220円は、高いのか、安いのか・・・。
すごいきれっぷりを披露してくれそうですが、くれぐれも安全運転で。
しかし、CMやっているのかなぁ。見てみたいなぁ~。この画像だけでも十分インパクトあるぞ。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-29 15:22 | T

花粉症一番の対策は

きれいなおねえさんは、大好きですか?>大好きです!
今度のきれいなおねえさんは、仲間由紀恵姉さんですよ〜。というわけで、これ。

<スギ花粉症>北海道上士幌町が「疎開ツアー」を企画(毎日新聞)
北海道上士幌町は、スギ花粉症に苦しむ本州の人たちを対象に、3月23日から4泊5日のツアーを実施する。スギやヒノキの木がなく花粉の少ない町内で症状を緩和し、温泉入浴や農家との交流などでリフレッシュしてもらうのが狙い。今回は試験実施だが、参加者の意見を参考に、来年度以降、本格化する。夏場の避暑地とは違った“避花粉地”を全面に打ち出して、町の活性化につなげていく。


去年の春は、まったく花粉症にならなかったので、楽だったのですが、今年は、猛威をふるうんだそうで・・・。なにも去年なかったからってそんなに頑張らなくてもいいのに。
しかも、花粉症っていうのはなってみないとそのつらさはわからない。そりゃそうなんだけど、風邪に比べてあきらかに理解されてないよねぇ。花粉症で入院することはないですからねぇ。でもね、命の危険はあるの。だって、この時期運転すると、くしゃみとかでよそ見しちゃったりとか、頭ぼ〜っとしてきたりとか、危ないんですよ(運転するなっていう話しはおいておこう)。
はっきりいって、この時期の経済的損失ってすごく大きいと思うんですよ。だったら、なにか対策とってよ!と思うのが心情。

で、常々思うのは、花粉症休暇くれ!ってこと。この時期だけ、北海道に移住しちゃえば、少なくとも鼻づまりと目のかゆさからは解放される。まぁ、寒いけど、寒いだけならきっとなんとかなるだろうし、なるからみんな生活してるんだろうし。
あんまり、長居すると、こんどは、エゾマツ花粉症とかにかかりそうな気もしますがね。
このツアー、とりあえずモニター段階なんだそうですが、国も絡んでいるようだし、この際、花粉症の時期の長期休暇(一ヵ月くらいでもいいから)を認めさせ、年度末も別の時期に移しちゃってくれないかなぁ。そういう政治家がいたら、支持しまっせ。

しかも場所は、わたしの心のふるさと、上士幌町。真冬には行ったことがないけれど、一度は行ってみたかったのだよ。応募したいなぁ←仕事どうする気だ!

そうそう、これが町の活性化につながるのかどうかまでは、わたし考えていませんから。すみません。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-27 20:07 | T

本館リニューアルオープン

というわけで、iBlogを使用したサイトをつくっておりましたが、とりあえず公開できる段階になりました。新サイトは、こちらです。

Breeze Tour
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~breeze/iblog/

内容としては、HOTEL TOYOKAKUを引き継ぎ発展させたものとなっています。
若干、動きが怪しいところがありましょうが、大目に見て下さい。
今のところ、コメントシステムなどは導入できていません。
なぜって?
このサーバー、自作CGIが使えるんですが、今ひとつ設定がよくわからないんですよ。
MTがだめなのはわかりましたが、それ以外の簡単なCGIもエラーになってしまうばかりで・・・。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-24 22:32 | T

鍋の季節です。

またまた今週末も冷え込んでいますが、そんな時こそこれぞおいし~い「あったか鍋!」っていう気分になりますよねぇ。
まあ、ひとり上手鍋だのといっておりますが、わたしの場合は、うちに電気鍋があるのでこちらでぐつぐつとつくっておくと数日は鍋祭りが開催されるわけで・・・。
鍋に関しては、いろいろ思い出もありますが、それはまたあとの話し。

a0024448_10485843.jpg

というわけで本題。ここは都内某所。とてもそうは思えない怪しげな雰囲気。このつ
るされたものは・・・、

a0024448_10491398.jpg

そう鴨です。たくさんの鴨が、洗濯ばさみにつるされています。手前のは、まだ柔らかいのですが、奥のは結構乾燥しています。たまにウサギもつるされているんだとか。この後、これらは毛皮にでもなってしまうのでしょうか?
ちなみに、この先には、おやじが撃ってきた鹿をだす店もあります。でも、ここは都心なのです。見慣れてしまったからなんとも思いませんが、よく考えると、超越的光景です。

a0024448_10493517.jpgかにかにかに。かにとかさしみとかを食べながら、ひたすらに鍋ができるのを待ちます。厨房は、ご主人がひとりでまかなっているので、少々時間がかかります。
あわびの貝殻もお店の外につまれています。

a0024448_10495155.jpg店内には、鴨の剥製や魚拓などがいろいろ飾られています。ここが都内とはとても思えない雰囲気。どちらかといえば、北の港町のはずれのような感じ。店の外にでたら吹雪いてカモメが凍えていそうな・・・。

a0024448_1111813.jpg鴨鍋の前に鮟鱇鍋です。旨い。しかし、すでにおなかがきつい。
なぜなら、この段階ですでに2時間経過しているから。

a0024448_10501748.jpgいよいよメイン料理、野鴨の鍋です!
ご主人が撃ってきた鴨をこれからさばきます。
さばく様子を見ていると、学生の頃、鳥だのの解剖につきあったことを思い出します。
ちなみに、先ほどの写真を暇つぶしに撮っていたのをお店のかたに見られていたらしく、ここからご協力いただくことになりました。ありがとうございます。

a0024448_10503739.jpgなかなかお目にかかれない野鴨の肉。脂身が少なく(皮は含まれていない=そういや毛をむしってさばいているわけではないからな=残りが外につるされるというわけ)、身は引き締まった感じです。
鴨の骨でまずだしをとり、それをひきあげて、鍋になります。特にだしが、すごく美味しい。
このあと、鍋は仕上げとして雑炊になります。

ちなみにメニューは、松竹梅の3種類とおまかせコースがある模様。おまかせコースは、8000円から、のようです。他、刺身だけなら、晩酌セット2500円も。
小さいお店ですので、予約をしていくのが無難だと思われます。ちなみにわたし自腹で食べていませんから。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-21 22:49 | e

もちろんうどん!

ブッシュ再任でますます世界の平和はあやしくなりそうですが、アメリカ人の4分の1は、津波は神様の仕業だと信じているんだとか。いや別に神を信じるとか、そういうことは、害がない限りとがめませんよ。ただね、じゃぁなぜ神は津波を引き起こしたのか、そういうふうに考えないんですかねぇ。えっ?イスラム教を罰するため?そういうふうに考えちゃうんですかねぇ。違うでしょ。と、最近ある小説をよんでいてキリスト教っていうのは戦争についてはどういうふうに教えてるんだろう?って気になる今日この頃ですが・・・。

でね、どっちの料理ショーは、黒ごま担々麺とエビ天カレーうどん。今回は、うどんの圧勝。ってきちんと見ていた訳やないんですが。ただ、うどんのところだけは見ていたんですよ。今回カレーとからまるのは、水沢うどん。ふ〜ん。饂飩部の合宿で訪れましたが、一同、やっぱ観光地だよここは、的感想だったのであります。で、今回紹介されたところがまさにわれわれが行ったお店だったりするわけで。
400年の伝統を守り、薄力粉を使用した水沢でも数少ない手打ち麺。足を使い心で踏んだ種は、のばしてものばしてもすぐに縮まって、まるで生きているかのよう。それをきったのち、上州のからっ風にさらすことにより、外側は乾燥しつつ中は生という独特の歯触りのうどんができる。らしい。
でも、我々の口には、ゆるゆるで汁も薄くって水っぽいうどん、としか感じなかったわけ。
あれれ?
なぜテレビではこんなに美味しそうだし、評価も高いのに、我々はそう感じるのか。これは、情報操作なのか?単に、郡内のうどんが好きだから、なのか。
と、もしかしてあの時は連休中で混んでいたから、ゆでが適当だったんじゃないか?などなどいいほうに疑問を感じ始めています。
なにはともあれ、美味しいうどん食べたい。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-20 22:06 | e

さよならDDI P

ITmediaビジネスモバイル:AirH"がAIR-EDGEに。WILLCOMロゴも公開

DDIポケットは、2月2日、ウィルコムにかわる。
そして、Air H"は、AIR-EDGEになる。そして、データ通信は、256kのAIR-EDGE[PRO]へ。
Before
a0024448_2357518.gif

After
a0024448_2372975.gif

H”といえば、PHSを大幅にかえた。これができたから、アステルやパーソナルのPHSが下降線をたどるなか、DDIポケットは生き延びてきた。
とはいえ、H"自体は迷走気味。当初H"から始まり、次に現在の曲をダウンロードして聴くオーディオプレーヤー機能を内蔵した携帯の先駆けともいえるサウンドプレーヤー対応のfeel H"に進化した。しかし、いかんせんPHS。いったんH"に戻り、そして、Air H" PHONEになる。
また、あわせて京ポンに新カラー「シルキーレッド」が登場。去年追加された「ネイビーブルー」といい、新しく出た色のほうが、明らかに落ち着いていていいなぁ。しかし、うちの京子、メモリがあっというまに不足になってしまうんですが・・・。
なにはともあれ、PHSとは心中するつもり。しばし安泰だな。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-19 00:02 | a

0系ひかり復活!

博多開業30周年を記念 3―4月に山陽新幹線 「0系ひかり」復活 (西日本新聞)
 JR西日本は17日、山陽新幹線の博多開業30周年となる3月10日を中心に、だんごっ鼻で親しまれた開業当時の「0系ひかり」を特別に運行すると発表した。車内では、当時の制服を着た販売員による復刻駅弁販売や、国鉄時代の特急券をイメージした記念乗車証のプレゼントがある。
 「0系ひかり」としての運行は、02年3月の岡山開業30周年イベント以来。3月10日に新大阪―博多間で上下1本ずつ、同月19、20、26日と4月2日には、下りのみ1本を運行する。上りは博多を午前9時39分発、下りは新大阪を同8時15分発。


今日、二重橋前で二階建てバスが中央分離帯に激突したんだそうで、これが案の定スカイバス東京だったりするわけです。写真を見る限りかなり激しくいっちゃてますねぇ。この寒い時期には乗りたいとは思わないのですが、先日の夜、ロケに使われているのをみました。で、調べたらお台場コースなんていうのができていますね。オープンカーでレインボーブリッジを渡ることができるわけです(うちのクルマも似たようなもんですが)。あのぉ、日の丸さん、"腕よりも心で運転"は結構ですが、事故だけは起こさないようにお願いします。わたしも脇見運転、しないように気をつけないとね。
さて、東海道新幹線からは姿を消し0系。山陽新幹線でこだまとして細々と活躍するのみ。わたしも数年前にWESTひかりとして運転されていたのに乗ったのと、たしか博多ー小倉間で乗ったような気がします。新幹線といえば、0系。次の100系まで(つまり国鉄時代の車両)は、新幹線も乗る楽しみがあったものですが、今や単に高速移動するだけの乗り物になってしまいました。
残念ながら、このひかり、6両編成での運行ではありますが、さすが
JR西日本さん。博多からそのまま車庫に入り見学ができさらにお土産までもらえます(できれば二階建て新幹線のロゴはNSマークにして欲しかったなぁ)。
ここまできくと行くぞ!と思ってしまうのですが、6両じゃぁまず指定席を確保することは困難でしょう。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-18 23:08 | A

今日は、明治座に行ってみた。

勝てば官軍。
というわけで、今日は、明治座で観劇。招待券をもらったからというのでお供してみました。
もっとも、親もわたしもまったく興味もなかったんですが・・・。なにせ一枚5000円相当だったし、こんな事でもない限りきっと明治座になど行かないと思われたので。

さて、人形町の駅をおり、ひっそりとした雨の甘酒横丁をぬけ、浜町へ。入り口にFQさんがとまっていたのは、もうお約束ですf(^ー^;。
客層は、ほとんどおばさん。そして、会社関係の団体さんが多いようです。
席は、3階のB席。あのぉ、めちゃくちゃ位置高いんですけど。手すり低くてすごく怖いんですけど。狭いし。よって、裏方もちらりと見えちゃったりするのは、お愛嬌です。
劇の内容は、コシノものがたり。服飾デザイナーのコシノ一家の物語でした。
休憩2回こみで、約4時間。休憩30分だと食事するのにちょっと短い。
でも、これだけの公演を日に2回もやるんだから、すごいよねぇ。
最後には、ファッションショー。長女のヒロコさんは、かしこまった感じ。着ていくならパーティーかな?末っ子のミチコさんは、テニスで日本一になった後、ロンドンで学んだんだそうです。若いっていうか、どこにでも着ていける感じ。次女のジュンコさんは、パリコレとかいろいろ活躍したとか。ひらひらびらびらって感じ。一番、大胆かな?
衣装の総額は1億を超すんだそうです。まぁ、そんなの端金だっていうヒト、いっぱいいるんでしょうね。

a0024448_2234362.jpg
それにしても面白いのは、この明治座という空間。こういうところははじめていったんだけれど、なんでもありだね。地元の人形焼をはじめとするお土産あり。劇にちなんだグッズあり。明治座オリジナルの佃煮だかなんだかまであり。
それだけならまだ理解もできますが、なぜか婦人服も売ってるし、北海道の名産品と鹿児島の名産品を同じ売り場で並べて売っていたり、と、なんでもあり。一種の市場状態なんですが、考えてみたら、きっとバスとかできた団体さんは、お土産を買うまもなく帰るんでしょうから、ドライブインだと思えば話しも早い。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-16 22:34 | The Traveller is