カテゴリ:The Traveller is( 8 )

おもてなしの心

2003年からビジット・ジャパン・キャンペーンなるものが国を挙げて行われております。これは、外国人観光客にもっと日本にきてもらおう!というもの。「ふじやま・腹切り・芸者」くらいのイメージしかない日本を知って楽しんでくださいということで、20日までのあいだ“Yokoso! Japan Weeks”としてさまざまなイベントが行われています。
このロゴ、はじめ見たとき、というか今でも何だけれど、“Yosakoi! Japan Weeks”ってよんでしまって・・・。日本中でよさこん踊るの?みたいな勘違い。それはそれで楽しそうだけれど、よさこいは高知だっけ?本場で踊るからいいのであって日本中で踊っても外人さんが喜ぶかどうか・・・。
で、今日は、異人さんをみかけたら「ギヴミーチョコレート」と叫ぶ日に、なってないなってない。
もうひとつ気になるのは、日本初の観光広報大使に任命された木村佳乃嬢が、なぜあんなに首をかしげているのか?ということ。ポスター見るたびに気になって、ごほごほ体調がすぐれません。

さて、東京では、東京を楽しもうキャンペーンの一環として、「浅草、お台場など都内各所に設定された散歩コースを、海外から観光にみえた外国人の方と一緒に巡るイベント「ハートふれあい散歩」」を開催しております。
わたしも、東京暮らしなのに、あんまり東京のこと、知りません。むしろ苦手分野くらいなもんで。というわけで、これから、課題をまとめていこうかなぁ、と一思案中です。
[PR]
by toyokaku | 2005-02-14 19:39 | The Traveller is

今日は、明治座に行ってみた。

勝てば官軍。
というわけで、今日は、明治座で観劇。招待券をもらったからというのでお供してみました。
もっとも、親もわたしもまったく興味もなかったんですが・・・。なにせ一枚5000円相当だったし、こんな事でもない限りきっと明治座になど行かないと思われたので。

さて、人形町の駅をおり、ひっそりとした雨の甘酒横丁をぬけ、浜町へ。入り口にFQさんがとまっていたのは、もうお約束ですf(^ー^;。
客層は、ほとんどおばさん。そして、会社関係の団体さんが多いようです。
席は、3階のB席。あのぉ、めちゃくちゃ位置高いんですけど。手すり低くてすごく怖いんですけど。狭いし。よって、裏方もちらりと見えちゃったりするのは、お愛嬌です。
劇の内容は、コシノものがたり。服飾デザイナーのコシノ一家の物語でした。
休憩2回こみで、約4時間。休憩30分だと食事するのにちょっと短い。
でも、これだけの公演を日に2回もやるんだから、すごいよねぇ。
最後には、ファッションショー。長女のヒロコさんは、かしこまった感じ。着ていくならパーティーかな?末っ子のミチコさんは、テニスで日本一になった後、ロンドンで学んだんだそうです。若いっていうか、どこにでも着ていける感じ。次女のジュンコさんは、パリコレとかいろいろ活躍したとか。ひらひらびらびらって感じ。一番、大胆かな?
衣装の総額は1億を超すんだそうです。まぁ、そんなの端金だっていうヒト、いっぱいいるんでしょうね。

a0024448_2234362.jpg
それにしても面白いのは、この明治座という空間。こういうところははじめていったんだけれど、なんでもありだね。地元の人形焼をはじめとするお土産あり。劇にちなんだグッズあり。明治座オリジナルの佃煮だかなんだかまであり。
それだけならまだ理解もできますが、なぜか婦人服も売ってるし、北海道の名産品と鹿児島の名産品を同じ売り場で並べて売っていたり、と、なんでもあり。一種の市場状態なんですが、考えてみたら、きっとバスとかできた団体さんは、お土産を買うまもなく帰るんでしょうから、ドライブインだと思えば話しも早い。
[PR]
by toyokaku | 2005-01-16 22:34 | The Traveller is

今日は雨!

思ったより早めに雨が降り出したので、今日は予定を変更し、大江戸温泉物語へ。
先月行った四国のツアーのおまけで、チケットをもらったのであります。そうじゃなきゃ、こんな高いところわざわざ行かないよ。しかもひとりで。
うれしいことに送迎バスもあるので、いやぁ、おばはんっていうのはうるさいよねぇ、お静かにって書いてあるジャン。それにしても、優雅なご身分だこと。
客層は、団体客が多いみたい。フジテレビの会員もいっぱいきてました。外人もちらりほらり。これが日本ですよ。

受付で通行手形をうけとり、浴衣をうけとって、中へ。浴衣の帯に始終四苦八苦。すみません、ちゃんと一人ではきこなせないので・・・。これじゃぁ、浴衣デートできない!のまえに、ぽってりしたおなかが、浴衣にぴったしフィット。乙女として情けなし。
4時間なんてつぶせるかな?と思ったら、意外につぶせるものです。お風呂としてはたいしたことないんだけど、なかはいろいろ楽しめます。だから、一人できちゃだめだってば。
時間もあったので、マッサージにも初挑戦。気持ちよくって、足をやられちゃってるときには、おもわずあらぬ声だしちゃいそうでしたよ☆これいじょうやったらどこかへいってしまいそうでした。
ちょっと耳裏がぴくぴくしてますが、でも、体が軽くなった感じ。
ビールは、銀河だったけど、銀河ってこんな味だったか?というくらいマイルド。

雰囲気を楽しむというのなら、面白いと思うんだけどねぇ〜。a0024448_23374331.jpg
[PR]
by toyokaku | 2004-10-30 23:37 | The Traveller is

今日は

金曜ですね。金曜は、残業なんかしないで帰るんですよ。たとえ用がなかろうとも、さっさか帰る、それがダンディズム。

さて、今日は、中国国宝展へ。東博は、金曜は20時までの開館なのであります。
さすがにゆっくり見られますねぇ。
展示内容は、埋葬品と仏像が中心なんだけれど、それにしてもすごい。これが、実際は、金ぴかだったりカラフルな装飾だったりするわけで、それが展示されていた時代っていったいどんなだったのだろう、などなど・・・。
ちょっと、他の文化も感じたりもして、つながりを思いはせてみたりして。

東博は、全部見ようとすると一日はかかるので、また来ようっと(2枚もらったからまた1枚余ってしまったのだよ)。a0024448_2338331.jpg
[PR]
by toyokaku | 2004-10-29 23:25 | The Traveller is

丸の内オアゾに行ってみた。

以前は、大手ビジネスマンが働くまちというイメージの強かった東京丸の内。しかし、最近ではブランドショップが出店し、さらに丸ビルの建て替えにより多くのヒトが集まるように。そして、国鉄の本店があった場所に本日丸の内オアゾがオープン。新しもの好きとして、早速行ってみた。

東京駅の正面の先にあるのは皇居だが、その手前にあるのが丸ビル。オアゾは、右側、つまり北口にある。入るとのライブ中。しかし人が多くて聴けないかんじなので、あきらめてエスカレータを上へ。1階から4階までが丸善の丸の内本店で、オアゾの核になっている。八重洲北口にある八重洲ブックセンターとは、東京駅をはさんで対角線上になる。そして、この東京駅にあるのが大丸。大丸には、三省堂のブック&カフェがあるし、丸ビルの丸善もそれなりの大きさだから、東京駅周辺でそろわない本はないといったところ。ちなみに日本橋の丸善は、立て替えのため閉店となる。大丸も建て替えが決定した。
このエスカレーターをさらにのぼるとレストラン街になる。このエスカレーターは、正面玄関に続く6階までの吹き抜けに面しており、さらにガラス窓から東京のレンガ駅舎が見える。眺めは素晴らしいのだが、高所恐怖症にはつらい。さらに、丸善に寄らせようとした結果、関係ない客の動線が乱れているのも気になるところ。

で、まずは食事ということで、カレーうどんのお店へ。こちらの詳細は、新館で。
うまうまのカレーうどんに満足し、館内をうろうろ。あまり大きくはないが、他に二つのビルが新たに完成し、つながっている。レストランは、軽めのものから、高級店まで各種あり、わたしのようなシングルにも対応。オアゾにではないが、大戸屋までできたのだから、びっくりである。
丸善の圧倒的蔵書数には、本屋好きとしては嬉しい限り。八重洲BCと違い新しい分店内も広めで明るく、見やすい。ただ、どこになにがあるのか、わかりにくいし、関連したものであっても、違うフロアにあったりするし、レジの場所もつかみにくい。
東急ハンズの新業態店は、ビジネスバッグや自然素材の化粧品などを扱う内容でやや高めの設定。こちらとしては、小さいハンズが東京駅周辺に欲しい。
プロントの新業態の立ち飲みバーやスポーツ関係者からの花輪が目立った焼酎居酒屋も気になるが、一人で入れるか?つばめグリルの匂いがたまらなく旨そう。
残念ながら、お総菜のようなお店は見あたらなかったが、わたしのいつも使っている駅にも非常に近いし、これからたびたびお世話になりそうな予感。ただ、エスカレーター、こわいんですけど・・・。
[PR]
by toyokaku | 2004-09-14 22:07 | The Traveller is

サッポロに行ったわけだ。

というわけで、サッポロに行ってきた。
好きなんだよね、サッポロ。何でだろね。
帰ってきたばかりなのに、つぎはいつだろうなんてかんがえてるんだからさ。どうしようもない。雅楽戦隊見て思いをはせる今日この頃。

で、そんなサッポロにも台風が直撃。こちらは間一髪だったわけで、影響は少しだったんだけれど。
ツアーも使いようだね。往復の航空運賃より安いけど、でも、それなりの面もあるし、もう少し高いツアーでもよかったような。それに、なにしたいのかきちんと考えていかないと、だめだねぇ。なかなかいけないんだからさ。

台風はひどかったようで、お見舞い申し上げます。友人のN氏のところは停電でたいへんだったみたいだし、神恵内ではなんと橋が落ちたんだそうだ。日本沈没も近いかな。
[PR]
by toyokaku | 2004-09-09 23:59 | The Traveller is

今日から8月

暑い。ちょっと風があるけれど、嬉しいことに晴れている♪
今日は、花火大会へ。夏ですからね。
同行のn嬢は、浴衣。まぁ、この企画、浴衣でお出かけしたいねぇ〜という話しからなのだが。それにしても、紺地にネコ柄の浴衣は、シック。なんでもおばあさんが縫ったらしい。そして、彼女、よく浴衣が似合う。
わたしはといえば、浴衣もってないのよ。風呂上がりに着るUニクロの浴衣ならあるんだけど。でも、着付けが自分でできるn嬢に着付けてもらい、いざ出陣。とはいえ、着慣れないものだから、だんだん胸元がゆるんでくる。

会場まではバスで移動。しかし、会場近くにあるスーパーにクルマをとめて見学に行こうとするおばかさんが多くってバスがうごかない。会場近くの道はバスが通るには狭いから、係員が自転車でバスの道をつくっていて、格好いい。
会場は、土手。川に浮かぶ台船から打ち上げる。だから迫力が違う。規模自体はそんなに大きくないけど、視界いっぱいに花火が広がる。音も胸に響く。
風が少しあるので煙の逃げがはやいし、満月に近い大きな月のおかげで、花火の形をしたたんぽぽの綿毛のような煙がまた美しい。
もう幸せぇ〜。いいのかしらこんなにいい夜で。

花火が終わり、暗くなった河川敷。花火見物の屋形船がひきあげていく(屋形船にのってみたいねぇ)。月明かりにきらめく川面と夜景が改めてきれい。しばし、またうっとりである。

なんかちゃんとした浴衣が欲しくなっちゃった。
[PR]
by toyokaku | 2004-08-01 11:36 | The Traveller is

久々の横浜駅

暑いといえども、夜はからっとしていてすごしやすい昨日今日。
とはいえ、ここのところのむ機会が多かったものだから、またまた胃腸の状態が最悪に。回復傾向といえども、まだビールくらいしかのめん。しかし、月曜も暑気払いだ。

そういったわけで、きのうは予定を変更し、武蔵小杉から東横線を南下。MM線が開通してからはじめて。反町駅もすっかりきれいになったもんだし、横浜駅のホームも今までの狭い対向式から広い島式になった。それはいいとして、地下だから、自分がどこにいるのか、方向性がつかめない。
ここから市営地下鉄に乗り換え。でたのは、これまた新しくなったJRの相鉄口あらため南口。
ん~、無駄にアップダウン繰り返し歩いた気が。
そう、まだ工事中なのです。

MM線って東横線が安い分、すごく高く感じるよねぇ~。よほどデートとかない限り、のらないだろうなぁ。でも、久々に中華街に行きたいな。
[PR]
by toyokaku | 2004-07-04 00:51 | The Traveller is