カテゴリ: A( 66 )

リニアがのびる。

けさのおはよう日本@某国営放送のラテ欄に「中継・都留の新名所巨大水車!」なんて書いてありますが、しっかり見損ねました。この番組の放送時間帯に起きてなかったし(^_^;まさか、うちをでなきゃいけない時間に起床したとは、いえないいえない・・・。
こちらの水車、それなりに話題になっているようですなぁ〜。
それと、なんか、テレ朝の金曜ナイトドラマに富士急がでてくるみたいですね。

山梨リニアの延伸を検討 長大編成での走行が可能 共同通信
JR東海は27日、山梨リニア実験線の先行区間(山梨県都留市−大月市、18・4キロ)を最新の技術を採用した設備に更新するのに合わせ、未着工区間(計24・4キロ)までの延伸を検討していくと発表した。
 3000億円を超えるとみられる事業費は同社が全額負担し、着工から完成まで約7年かかる見通し。未着工区間が完成すれば長大編成車両での高速走行や、長大トンネルの通過などが可能になるという。
 JR東海によると、未着工区間は先行区間の両側に延びる形で、都留市−上野原市と大月市−笛吹市となる。用地取得はほぼ終了している。着工時期などは未定。


いやあ、本気だったんですね、リニア。この話題になると、いまの都知事が大臣をやっていたころに「甲府なんかとまんない」ってバカにしていたことを毎度毎度書いているような気がしますが、まさか本気だったとはねぇ。
だけど、24kmつくるのに3000億かぁ。まあ、連合国に払う金に比べたらはるかに少ない金額ではございますが、東京から大阪までつくったらいくら、そして何年かかることやら。採算ってとれるんでしょうか?
それより、移動だけじゃない楽しめる新幹線っていうのを走らせてくれないかなぁ・・・。

実験線に駅とかつくってほしいですよね。上野原−笛吹間何分だ?
ああリニアも見に行かなきゃなぁ。
[PR]
by toyokaku | 2006-04-28 00:44 | A

サービス低下を嘆く春。

この金曜日を最後に東海道線(東京口)から113系が姿を消しました。
通勤通学、そして旅にといろいろお世話になった電車ですから、感慨一入といったところ。逆に、意外と入れ替わらなかったなぁ、という気もします。
E231系がとってかわるわけですが、サービス向上というよりむしろ低下というのが正直なところ。
211系が登場したときは、いい車両だなぁと思った反面、ロングシートがふえて、そうそう113系にもロングシートに改造した車両が登場して、むむむ、だと思っていました。ただし、朝はロングシートのほうがいいんだけど。
湘南電車って、朝晩は通勤電車、休日は行楽電車という二つの顔があります。だから、難しいよねぇ。
231系は、4つ扉なので乗り込みやすいのは、いいんだけれど、東京駅の始発待ちの行列の長さって短くなっているというより、同じ長さのまま増えている感じがします。席を確保するのが、難しい。
なにより困るのが、5両付属編成+10両基本編成という編成。211もそうなんだけどね。
東海道って、昼間は、基本編成だけっていう場合が多い。113では、4+11で、基本は11だったわけだから、つまり、1両減ってしまっているわけだね。それで、グリーン車は、2両のままなんだから。混むわけです。やれやれ。昼間の少ない本数もかわんないみたいだし。
グリーン車偏重になっていくのは、どうかと思うんだけれど。
これで、湘南電車ってよばれることは、もうないのかなぁ・・・。a0024448_0492816.jpg
[PR]
by toyokaku | 2006-03-19 00:29 | A

英語、つけ・・・。

筋肉痛、肩も痛い。世界はまわってみえるけれど、うまくまわっていかないことばかり。
さて、京急の夜の品川駅都心地下鉄方面への接続の悪さ、どうにかならないものでしょうか。
せっかくとばしてきても、次の直通快特までまたされたりすることしばし、寒いです。
京急の方向幕は、ここのところあたらしいものにかわっていて、主流になった黒地に白抜き文字のおしゃれなものから、白地にスミ文字というありふれた、でも見やすいものに戻りつつあります。そうそう、JR211なんかも一時期黒地になったけど、いつのまにかなくなったもんねぇ。
残念なのは、LED表記の見えにくいものが、京急にもお目見えした、ということなのですが、これは前にも書いたような。
それで、きのう品川駅で電車をまたされている間にふと気がついたのですが、いつのまにかアルファベット表記が列車種別にも加わっているんですよ。前はなかったと思うんですよね。
ここで気になったのが、その英訳。
普通はLocal、急行はExpressというところまではわかります。
でも、快特(快速特急の略)は、Limited Expressなんですよ。
ここで気になるのが、では特急は?ということ。
何年か前の大改定で、特急は朝晩くらいにしか走らなくなっているのですが、順番としては、急行以上快特未満になるわけです。
しかし、快特がLimited EXなら、特急はなにになるんでしょうか?
なにをつけても快特との区別がはっきりしないような気がします。
調べればすぐにわかるのかもしれませんが、次回特急に乗る機会までの楽しみに、ということで。
まぁ、どうでもいいことなんですけどね。
[PR]
by toyokaku | 2006-03-14 00:44 | A

北改札がキタ—————ヽ(´ー`)ノ—————!!!

☆北改札と「笠間口」開設/JR大船駅☆
JR大船駅の横浜市栄区側に二日、北改札と、北側出入り口に当たる「笠間口」が開設された。三十年近くにわたり同改札設置を望んできた地域住民からは、喜びの声が上がった。
 鎌倉市と横浜市にまたがる同駅には、これまで鎌倉市側にしか改札がなく、栄区住民らは約三十年にわたり要望活動を展開。二〇〇一年には約六万六千人分の署名をJR東日本横浜支社と横浜市に提出していた。
 これを受け、市とJR東日本が〇四年から改良工事に着工。事業費は総額三十六億円で、市やJR東日本のほか、同駅そばの栄区笠間地区周辺でマンション開発を行う伊藤忠都市開発などの企業が負担した。改札内外に飲食店や書店など十店がオープンし、バリアフリーに配慮したエレベーターやトイレなども配備された。

しばらく大船駅にはいってない(というか戸塚以遠何年も乗っていない)、いつのまにかできた。北改札。しかも、南北を結ぶ連絡通路までできて、そこに今はやりの駅ナカが生まれている。
大船駅って、実は南側が鎌倉市、北側が横浜市にまたがっていて、だから駅名表示板は鎌倉市になっていたはずなんだけれど、鎌倉のヒトは鎌倉という意識が無く横浜のヒトも横浜の意識がない、というところだった。今までは、南側にしか改札が無く、うっかり北側で降りようものなら延々と改札まであるく羽目となり、さらに栄区方面のバスに乗るためには、延々と細い道を北側まであるかなければいけないという、とてつもなく不便な駅だったからねぇ。
ルミネウイングが出来て以来の大ニュースですな。そうそう、ルミネウイングが出来る前、京急のバス乗り場は狭くて、ターンテーブルがあった記憶がある。

さて、北改札笠間口と名乗っているとおり、実は、2003年に廃止されたドリームランドのモノレールの駅があったほうには、出入り口がない。
というのも、これ、イトチューがお金だしている(つまりマンション購入者がお金だしている?)からなんだろうねぇ。
ダイエーが傾いて、モノレールが復活することもなくなったわけだし。

しかし、そんなことはどうでもいいので、はやく戸塚駅西口の再開発をすすめて欲しいのだ。このまま歯抜けになった状態だと、雰囲気悪すぎなのだ。だいたいクルマでの送り迎えがとても不便なんである。東口の丸井もなくなるしなぁ・・・。
横浜に仕事無いかなぁ。
[PR]
by toyokaku | 2006-02-04 11:43 | A

bBもなんだかなぁ。

最近、レクサスのISを見かけるようになりましたなぁ。レクサスシリーズでは一番好きなんですが、あのCMもおしゃれだし、でも、とてもすばらしくお高いクルマには見えない、っていうのは狙いなんですかねぇ?

さて、bBがモデルチェンジ。
初代のbBって後席は狭かったけど、あの四角いのが意外なところでうけていたっていう話しをきいたことがある。
そんなbBもモデルチェンジ。そうトヨタのミュージックプレーヤーの正体がこれというわけ。
しかし、いくらベルトラインから下しか光らないといえども、走行中にネオンがギラギラしたら安全だとはとても思えないし、大音量で走ったら緊急自動車のサイレンもきこえないしでしょ?
それに、まったりモードってなに?
こんどのは停車中にくんずほぐれつして楽しみましょうっていう話しなんだろうけど、あのねぇ、これだけアイドリングストップだと叫ばれながら、一生懸命ハイブリッド車つくって、うちは環境に優しいメーカーですからなんていいながら、こういうのもつくっちゃうわけ?
停車中にエンジンきるわけがない。それに、あちらこちらでずんずんどんどんやられたら近所迷惑でしょ?
どんなクルマつくってもいいとはおもいますけど、環境を気にするトヨタがそんなことでいいですか?もちろんアイドリングストップ機能付きなんでしょうねぇ?

まぁ、高速道路も全部造るっていってるし、いやぁ、いいのかな?
[PR]
by toyokaku | 2006-01-14 19:22 | A

さよならプリメーラ

最近のくるまって、お目めがうわっとつり上がっているというかこわい感じのが流行っているじゃないですか。特に日産。あれ好きじゃないんですけどねぇ。
そんな日産最後の90年代のにおいを醸し出している乗用セダンブルーバードシルフィーが、モデルチェンジしましたねぇ。実車はちらっと見かけたけど、やはり昨今はやりの3ナンバーボディーのなかでは、ナロー感が強し。でも、5ナンバーを守りきった日産、そこだけはえらいぞ、そこだけは。
サニーが大きく育ってティーダになったせいで、差別化は難しかったんだろうなぁ。結論、全長を長くする。あのねぇ、幅が広いクルマも運転しにくいけど、長いクルマは車庫入れがたいへんなんだから。レガシィ車庫入れしたことあるけど至難の業だったよ。

初代のシルフィーは一度だけレンタカーで運転したことがあるけど、思ったよりも内装に上質感がない、くらいかな、感じたのは。あとは、後ろが見えにくい、って当時すでにHBに乗っていたのでこれはセダンなら仕方ないことか。

しかし、日産っていうのもなめきった会社だよね。トヨタなんかこのクラスは先代のプレミオから後席も全席3点ベルト+ヘッドレスト装着してるのに、案の定シルフィーも見送り、だもんね。そらぁ5人乗車することってないかもしれないけど、そういうとこダメなんじゃないの?

ただ、5ナンバーサイズでLサイズの装備っていうクルマが今まで無かったから、ティーダしかりこういう路線はありじゃないかなぁ。ただ、日産のスポーツ路線は消滅、なんですね。MTで操れるセダンってセドリックとクルーだけ?って営業車だし。なんかあったか?そんな営業車は単にフルモデルチェンジしないだけだし。先日乗った個人タクシーのかたが、去年買ったばかりなのに新車に見えないんですよって半分嘆いていたよ。
そうそう、シルフィーにブロアムっていう法人用グレードが存在しているんですよ!もうブルじゃない、これ(そして往年のコロナのロング仕様を思い出す=これは単に後席が広いだけのコロナだったが)。
ブルーバードといえば、SSSでしょ。もうこういうクルマはつくらないんですかねぇ。流れとしては、プレセアに近い。というかブルーバードの名前が残っただけでもめでたしめでたしと喜ぶべきなのか。

そしてプリメーラもひっそり消滅。三代目で初代とは路線が大きくかわってしまい・・・。でも、いざ消滅となると、なんだかなぁ、という気分。
アベニールもなくなり、このクラスはすかすかになった感あり。
初代プリメーラって鮮烈だったし、今でも欲しいクルマだよなぁ。もし、当時自分が買えるだけの立場にあったら間違いなく買っていただろうなぁ。いや、車庫とかもろもろ問題はあるけどさ。
現代の技術でもう一度つくってほしいクルマですね、初代プリメーラ。
[PR]
by toyokaku | 2006-01-14 19:13 | A

横浜博のなごりまたひとつ去る。

☆横浜博のレトロ車両、29日に引退/岩手☆
横浜博覧会(一九八九年)の来場者輸送列車として活躍し、現在は岩手県の第三セクター・三陸鉄道で観光用に使われているレトロ調ディーゼル車が、二十九日で引退する。ハマの港に生まれ、三陸のリアス式海岸で育った車両も、もうすぐ見納めだ。


はぁ、このカナロコの記事中の写真、懐かしい。いまや、山下公園にあった高架橋もきれいさっぱり撤去されましたからねぇ。先日ひさびさにMM方面にいったらずいぶんとビルが増えてびっくりしましたよ。
この列車も乗ったような気がするんだよね。
しかし、老朽化がすすんでってあるけど、20年も使ってないんだよ。鉄道車両がそんな年月で老朽化するわけがない。あの京浜東北線の10年基準だって10年超えてもまだまだ現役どころか窓が開くように大改造するっていうじゃない。
ようは、使い勝手が悪いということなんだろうね。
せっかくなので、赤レンガ倉庫あたりのレールの上にのせておいてほしいですよね。
そうそう、赤レンガ倉庫ですごくなつかしいものを見ちゃいましたよ。
[PR]
by toyokaku | 2006-01-07 01:21 | A

またしてもブルートレイン廃止?

寝台特急「出雲」廃止を検討・JR西、来春のダイヤ改正で
:IT-PLUS
JR西日本は16日、来年3月のダイヤ改正で、東京と出雲市(島根県)を結ぶ寝台特急「出雲」の廃止を検討していることを明らかにした。
 飛行機や高速バスに押され、乗客の減少が続いているため。同じ区間を岡山経由で結ぶ寝台特急「サンライズ出雲」は存続させる。


あさかぜに引き続きいよいよ出雲も引退という噂です。
まだサンライズがあるから、と思うなかれ。あれは電車、むかう方向は同じなのですが、経由地が違うのであります。だから、山陰線の沿線自治体から反対の声があがるわけです。
山陰地方は、山陽と違い交通過疎地帯ですからねぇ。羽田から米子へ行く飛行機も小さかったもんなぁ。鳥取へ行く夜行バスというと、水曜どうでしょうサイコロの旅でミスターがめちゃめちゃけなしてましたが。「ぜんぜん何にもないですね」「田舎臭い」「カメラ見たことないから」いやいや、DA米嬢のふるさととしてあついんですよ。
山陰って、そんなこともあってわざわざ旅をする機会もなく、というか特に東日本にはその魅力が伝わってこなくて…。でも、乗車時間長いんだし、トワイライトみたいな列車を走らせてもおもしろいと思うんだけれど、やはり山陰の魅力がいまいちよくわかんないんだよなぁ。
[PR]
by toyokaku | 2005-12-19 22:56 | A

777に重大なトラブル

製造段階ミスで部品不具合 全日空のエンジントラブル
全日空は15日、9月と10月に相次いだボーイング777のエンジントラブルについて、米国のメーカーで製造された段階のミスから高圧タービンのブレードが腐食を起こしていたのが原因だったと発表した。

そういえば、このトラブルがおきた全日空鹿児島−羽田便の777、今年の9月に乗っていたんだよねぇ。あのときは、ハイテク〜なんてのんきなこと思ってたんだけど。
再来週飛行機乗るんだよなぁ(^^ゞ。
予算の都合上またしても飛行機になってしまった…。
[PR]
by toyokaku | 2005-12-15 23:16 | A

さよならありがとう700

☆園児らが電車に別れ/京急大師線の旧型車両引退☆ (カナロコ)
京浜急行電鉄で三十八年間にわたり運行された旧型車両700形(四両編成)の最終運行が二十八日、京急大師線で行われ、沿線の幼稚園など六施設の園児約五百六十人が”さよなら列車”に招待された。沿線には二百人以上の鉄道ファンも集まり別れを惜しんだ=写真。
 700形は一九六七年から造られた通勤用車両で、一両当たりの総走行距離は三百万キロに上る。引退後は香川県の私鉄に譲渡予定という。


最近、本線上でみかけなくなったなぁ、とは思っていたんですが、ついに引退ですか。
いつだったか、夜の品川行き特急に700が使われていて、がんばってるなぁ、なんて思ったことが何回かあったんだけれど、本線上で乗ったのってあれが最後だったんだなぁ。
もともと京急初の4つ扉(京急は車体が18メートルしかないので基本は3つ扉)として登場した通勤用車両。その扉の多さを生かし、朝の通勤快特で12連というどうどうした姿を披露していたこともあったという。そんな車両の最後が、園児に見送られて、というのは、なんとも感慨深い。
とにかく地味な車両で、京急らしくなく、中間車はサハ、つまりモーターをつんでいないし、側面の窓は小さいし、そして、面構えもシンプルそのもの。1000(旧)を直立させた顔つきは、なぜか貫通扉をもっていた。
この4つ扉は、その後、500改に引き継がれ、そして名車800につながっていく。京急で片引きの扉をもつのは、この800と1000(旧)だけになってしまったなぁ。
香川の私鉄といえば、電車いろいろでおなじみコトデン。2両編成で色もかわってしまうけれど、まだまだ現役がおがめるんだね。うどん巡礼の旅をかねて行きたいなぁ、コトデン。そういえば、去年乗って「おっ!700だ」と反応して同行者に変な目で見かけられたんだった(^^ゞ。

そんなこんなで、赤い700の見納めに大師線に行ってきた

しかし、VVVFじゃないのを旧型車両と呼ぶようになったのかなぁ?
[PR]
by toyokaku | 2005-11-29 23:10 | A