ずるいなぁ、新型ヴィッツ

なめ猫って、動物虐待ではなかったんですね。こんど、なめ猫免許証を手に入れて、クルマに常備しておこうっと。
というわけで、スターレットはなんだったの?と思わせた初代ヴィッツがフルモデルチェンジ。
パッソで今までの穴をうめておいて、ヴィッツは世界戦略車として立派になって登場。う〜ん、さすがトヨタというか、姑息なトヨタというべきか。写真で見る限り随分とがっちりしたなぁ、と思います。ただ、あのバンパー、修理代が高そうだなぁ。きっと三本さんは、たたいて文句つけますよ。間違いない。
で、いろいろ気になる点はありますが、特に気になったのがこちら。

花粉症もOK!? 新型ヴィッツ - [女性と子供のカーライフ]All About
まず最初に私が気になったのが世界初の機能という「花粉除去モード」。これはエアコンのスイッチを入れると、乗員の周り、たとえば顔周りを中心に衣服などについた花粉を感知し減少させるというもの。時間にすると約10分ほどで花粉の除去が完了するとか! これはすごいですよね。

花粉症の季節、くしゃみは本当にあぶないですからね。最近のクルマには、花粉除去フィルターなんてものがついていますが、どうしたって車内に入るときにはいちゃいますからねぇ。ありがたい装備です。
でも、この「花粉除去モード」って、どうやって除去するんでしょうか。テレビでは、風で吹き飛ばすんだみたいなことをいってましたが、それって、後ろにやってしまうだけでしょ?すると後席に花粉がたまってしまって意味ないんじゃないか・・・。顔乾きそうだし。と、とっても気になる「花粉除去モード」なのです。
と、装備は至れり尽くせり、エンジンもいいし、お値段もお手頃、買うんだったら16インチを装備してしまったRSだなとは思うけど、このデザインは好きじゃないし、ちょっと小さいし、なによりトヨタですから、残念。そう、ヴィッツ最大の敵は、トヨタ車だってことだとおもいます。新車の二台に一台がトヨタ車っていいますからね。それにヴィッツって社用車として多く出回ってるでしょう。そのあたりで、面白くないっておもわれないかなぁ。
[PR]
by toyokaku | 2005-02-03 22:14 | A
<< 憧れのバスを運転できる! J1初戦はこうきたか! >>