最高の名水とともに@甲斐駒ヶ岳温泉

北杜市白州町 ナトリウムー塩化物強塩温泉(高張性中性温泉)
a0024448_22203991.jpgこの温泉、名水公園の中にある。公園内の駐車場をぐるぐるまわされるような感じですすんでいくと、温泉がある。入浴だけならば、公園の入場料はとられない仕組みのようだ。
それにしても、日本最高級だの超高濃度だの、なんだかうさんくさいすごいのぼりがはためきまくっている。
そう、ここの売りは、濃い温泉なのだ。

さて、その温泉はいかなるものかというと赤湯である。ものすごくにごっていて、足下が見えない。お湯はぬるめでじっくりきく、そんな感じのお湯。
しかし、そんな源泉風呂があるのは露天のみ。しかも、湯量の関係だろう。露天風呂のあるエリアは広いのだが、源泉風呂はどちらかといえばこぢんまりとしたものである。
露天風呂には、その倍くらいの大きさがある浴槽もあるのだけれど、こちらは尾白川の名水を使用。つまり、温泉ではない。
内湯に使われているのは、温泉1に対し名水9というもの。これも、濃度は濃いのだろうけれど、ほぼ透明。赤湯の面影はどこにもない。
よって、入浴客は、源泉風呂に集まってしまっていて、落ち着かないことこのうえなし。
こういうふうに並べられたら、わざわざ名水のところに入ろうとは思わないよな、たいていは。

また、露天風呂も屋根がなく実に開放的でいいのだけれど、たしかに山は見えるけれど、景色を堪能する、という感じでもないのが、ちょっと残念。

すいているときに入ったら、高濃度の温泉は魅力的なんだろうなあ。そう思わせる温泉なのでした。
[PR]
by toyokaku | 2010-10-04 22:32 | 大浴場−関東甲信越の湯
<< 花咲け日本! 大人の社会見学〜電車工場って面白い〜 >>