浜野佐知映画祭に行ってきました。

わたしに愛を語る資格などあるのだろうか。
そんな気分の今日この頃、行ってきました。浜野佐知映画祭です。
しかし、まあ、すごい。監督自ら映画祭をやっちゃってるんですから。
チラシなどによると、1971年に映画監督デビューしてから、すでに350本くらいピンク映画を撮影しているんだそうです。1998年には、ピンクではない自主制作映画を撮影し、現在4本。100歳まで撮る!と宣言しているそうです。
今回は、ピンクではない自主制作映画4本を中心にした1週間の映画祭となっています。

で、わたしはというと、見ちゃいました。全部。
そして、ピンク映画も見ました。原題「平成版阿部定 あんたが、欲しい」。原題というのは、ピンク映画というものは、興行先で新作として新しいタイトルがつけられていくからだそうで、監督自身、どういうタイトルがつけられているかわからないそうです。また、フィルムが痛んだり、なんらかの理由で勝手にカットされてしまうこともよくあるんだとか。
とはいえ、ピンク映画。あなどれません。1時間ほどのあいだに、絡みの多い映画、とでもいいましょうか、映画がはじまって5分以内に一発とかそういう決まりさえ守っていれば、どんなストーリーでもあり、というのは言い過ぎとして、きちんと物語として成立しているので、話しとして面白い映画になっています。
だから、放射能の問題をとりあげていたり、障害者の性をとりあげていたりもします。
今をときめく作品をつくっている監督さんや出演している俳優さんにピンク出身のかたが結構いらっしゃるという話しは、納得できます。
そんなわたしも食わず嫌いでした。AVとは、ぜんぜん違いますので、AV苦手なかたにも見ていただきたい映画です。

その「平成版阿部定」ですが、エロい。女優さんの憂う感じと、映像の美しさが、うまく解け合っていると思います。美人さんだし、服装とか普通にきれい目にしているのが余計にエロいし。ラストシーンが、とくに好きです、個人的に。女をうちに閉じこめておくなよ、という意味がこめられている作品だとか。

そして、同時上映でみたのが、薔薇族映画「メモリーズ」。これは、浜野監督はプロデュースでして、浜野作品の脚本をかいている山崎邦紀さんが、監督しています。
男同士の性愛を描いているのですが、これが難解。意味不明。そして、映像が強烈すぎて、未だに残像が……。某有名漫画が好きな某女装家さんが、何故か尻をだしています。連結シーンは、すごいです。ええっと、90年代後半くらいの作品らしいんですけど、こんな撮影できてたんかいな。


さて、わたしが好きなのは、最新作の「百合子、ダスヴィダーニヤ」でした。
芳子と百合子の実際にあった恋愛を描いた作品なのですが、まず映像が美しいです。
加茂花菖蒲園でロケをしたそうなのですが、素敵です。
それから絡みのシーン、なるほどピンク映画を撮っているからなのだ、と思わせます。
吉岡しげ美さんの音楽も印象的でした。
出演されている菜葉菜さんは、映画で見るより、実物のほうがはるかにかわいいです。応援したいと思わせる役者さんです。
一十三十一さんは、歌手なのですが、気丈な百合子役を後援されています。
ぱしっと締めるのは、荒木役の大杉漣さんです。
とかとか、もう素敵な役者さんばかりご出演されています。

「百合祭」は、ミッキーさんがいい味だしてますねえ。
いかんせん、早すぎた作品です。2001年って、まだ高齢者の恋愛が語られることはなかったのですね。ついこの間のことだと思っていたのになあ。
ようやく時代がついてきたといいますか、ぜひぜひ今の時代の「百合祭」(つまり続編)をみてみたいものです。

それから、「第七官界彷徨ー尾崎翠を探して」「こほろぎ嬢」は、尾崎翠という作家とその作品を題材にしています。いちど見たくらいだとわからないです、はっきりいって。尾崎翠の作品を読んでみなければ、という気分になります。わたし、知りませんでした。あと、鳥取に行ってみたい。

それにしても、フィルムの質感って、古い作品になればなるほど映画見てるぞという気分になりますね。上映技術というのも要求されるのだと思います。そういう意味からも、フィルム上映これで最後、などといわず、映写機のある(残る)違う映画館での第二回浜野佐知映画祭を希望します!
北海道でも福島でも尾道でもどこでも行きます〜。

そんなわけで、いよいよ明日9日(金)が、映画祭最終日です。
ぐるっとめぐって「百合祭」「百合子、ダスヴィダーニヤ」が上映されるそうです。
舞台挨拶には、大方斐紗子さんがいらっしゃるとか。
「百合祭」の旦那様!という怪演は、印象的すぎます。


オーディトリウム渋谷の階段あがっていくと、丸い黒めがねにロングヘアの女性、隣にはスキンヘッドに派手なシャツきたサングラスの男性という、どうにもいかついひとたちがいて、腰が引けるのですが、なんとまあ、この強面の二人が監督と脚本家なのです。
そんな見た目は、現場向けの顔なのでしょう。監督は、じつはやさしくお茶目なかたとお見受けしました。話しが、面白かったです。
また、どこかで楽しいお話をききたいですね。
って、あしたも監督はなしますけどね!
[PR]
# by toyokaku | 2013-08-08 23:44

「浜野佐知映画祭」開催中!!

いよいよはじまりましたよー。「浜野佐知映画祭」でございます。
8月9日(金)まで渋谷にて開催中です。
詳細はあらためて。
というか、こちらのサイトなどをごらんくださいませませ。

『百合子、ダスヴィダーニヤ』のサイトです。
http://yycompany.net/blog/2013/05/post_17.html

a0024448_174738100.jpg


a0024448_17483316.jpg


毎日毎日素敵なゲストがいらしています。
14時からの上映後、トークゲストが行われています。
また、16時半からの上映後、「お茶会」(ビール会(笑))がゲストを迎え開かれています。
浜野監督のトークも毎日爆裂します。必ず!

そして、『百合子、ダスヴィダーニヤ』にご出演されている大杉漣(おおすぎ れん)さまからお花が届いています!
a0024448_17524640.jpg

漣さま~。ほんとに素敵なかたです。ベイビー!

なんとも面白い映画揃い。なんとピンク映画&薔薇族映画の上映もあります。
また、今回は、35ミリフィルムでの上映。これだけまとめてフィルムで上映するのは、たぶん最後です。

場所は、オーディトリウム渋谷(http://a-shibuya.jp/)です。
ぜひぜひご覧いただきたい作品揃いですので、ぜひ!

a0024448_17575832.jpg

[PR]
# by toyokaku | 2013-08-04 17:58 | 観光案内

冬だ!雪だ!スキーだ! ぬかびら源泉郷へ行こう その2

a0024448_23154860.jpg

さて、いよいよ滑り出し。まずは、コース図をもらい作戦会議。
それにしてもわかりにくいなあ、このコース図。初級と中級がいっしょに書いてあるんですけど……。
目の前に見えている広めのゲレンデがきっと初心者コースに違いない。などと弱気なことをいっているのは、道民なのに十数年ぶりのスキーという案内人と2年ぶりのスキーでますます初心者なわたしがいるから。
そのゲレンデをいくロマンスリフトに乗って、そして降りると、左右にゲレンデ。あれ?結構な斜面なんですけど……。いきなりこれをすべるのは、無理!
どっちのほうが緩いかなあと左右を怪しく行き来するふたり。もうひとりは、すでに行っちゃった……。
右側は、本気モードな感じの人々が行くので、人がいない反対側のゲレンデへ。しかし、ここもきつい。でも、行くしかない。
えいっ!
ま、結果はいうまでもなく、曲がれない、転倒。滑っているというより滑落です、はい。

続いて、一番上まで行ってみようということで、高速リフトを3つ乗り継いで行きます。第1と第3はフードつき(日本初なんだとか)なのでそれほど寒くないのですが、第2には吹きさらし。寒いとかそういう問題じゃないよ、もう。ちなみに、この上部はコクドが開発したところなんだとか。このあたりにもプリンスホテルをつくろうとかおもっていたんでしょうかねえ。
それにしたって、リフト長いです。どこまでのぼるんだろう、それもそのはず、頂上は1,230メートル。ここから長いゲレンデを滑り降りていきます。
まずは、パラレルコースへ。さらさらにパウダースノー。気持ちいい!
ただ、新雪とゲレンデの境目がわかりにくく、間違って突っ込んじゃったりもします。あはは。でも、ふわふわの新雪に転ぶのもこれまた気持ちよかったりするんです。

もういちど第3高速リフトで頂上に行き、こんどはパノラマコースへ。
前に、そろいのカーキ色ウェアの集団が。まるで自衛隊。と思ったら、モノホンでした。
このコース、さすがパノラマです。緩めのゲレンデに時折ちょっときつめの斜面。しばらく滑ると眼前に糠平湖。この日は、時折雪混じりの天候でしたが、晴れたら気持ちいいんでしょうね。
ちなみにこの日、第3高速リフトは、14時45分が最終でした。早!
ここには、アリエスカという休憩スペースがあるので、このリフトで最終までいるのがよさそうです。

最終が終わったので、さらに滑り降りていくのですが、途中通るのが道路コース。糠平と然別湖を結ぶ道道を通ります。このコース、ぜんぜん傾斜がない。いきなりクロカンですか?というところで、かなりしんどいです。ふう。
で、しんどいので途中からエンジョイコースへ。でも、ここに入ると第2高速リフトには行けません。まあ、第2は14時半に営業終了しているので、行っても仕方ないのですが。

そうこうして、延々と滑り終えるとまだ第1高速リフトが動いています。そこで最後の一滑り。
今度は下まで滑るので、第1高速コースへ。これは、初級・中級コースなのですが、ときどき急斜面もあります。このころには、スキーの感覚も戻ってきている一方、日頃の運動不足がたたり、ふらふら。


ぬかびら源泉郷スキー場、いい!
雪質がいいのはいうまでもなく、うるさいBGMもほぼないし、なにより混んでいない。
ただ、リフトが終わるの早いですね。一応日没まで営業はしているようなんですが。

てなわけで、疲れた!
さあ、温泉だ!


冬のお出かけ&ウィンタースポーツ体験
[PR]
# by toyokaku | 2012-02-25 23:55 | 観光案内

冬だ!雪だ!スキーだ! ぬかびら源泉郷へ行こう その1

この冬は、冷え込んでいます。連日、豪雪のニュースが流れていて、雪には慣れているはずのところでも、事故が相次いでいます。
こんなときに、冬だから雪国に行きたいなどという日常的に降雪しない地方に暮らす旅人の言い分は、いささかのんきすぎるとも思うのですが、それはいつもの話。結局、この季節になれば雪が恋しくなり、雪国へと向かってしまうのです。

ひさびさにスキーをしたくなり、向かったのは、北海道。
北海道のスキー場といえば、ニセコやトマムなどが有名なところですが、今回向かったのは、十勝にあるぬかびら源泉郷スキー場。帯広からバスでおよそ100分のところにあるぬかびら源泉郷という温泉地の一角にあるスキー場です。

道東地方では名の知れたスキー場のようで(というかそんなにスキー場がないような気もしつつ)、戦後すぐに現在の下のほうのゲレンデが開設され、昭和40年代にはスキー客のピークを迎えていたようなのですが、今となっては、その面影もなく……といってしまうとなんだか悲しい感じにきこえますが、つまり穴場なんです、ここ。だから、この週末、泊まりがけで行くことをおすすめします。なぜ、泊まりがいいのか?それは、不便だから、という以上に、温泉がいいからなのです。

これでも雪が多いという今年の帯広。加えて気温が低いそうで、上士幌や糠平より低いこともあるのだとか。これは珍しいことなのだそうです。
この朝の気温は、氷点下16度。といっても、風がないので、そこまで寒い気はしないのですが、迎えにきてくれた地元民のクルマ、しっかり凍り付いていて、ロックがかからなくなってなんども四苦八苦。
なんでも現地調達の一行は、途中、スポーツ用品店でスキーグッズやらを購入。旅の勢いってこわいです、ほんと。
なんだかんだで糠平に着いたのは、お昼。宿に入るとレンタルもしているとのことで、ここで借りることに。もちろん、ゲレンデでもレンタルはやっていて、ウェアもあるそうですが、ウェアはサイズに限りがあるので要問い合わせなんだとか。
宿で借りた板は、比較的新しいものだと同行者が感心していたけれど、わたしにはさっぱりわからず。
そんな板やらをかつぎ、ブーツを履いて、宿からゲレンデまであるいたところで、もう疲れたと弱音。といっても、5分くらいしかあるいていないんですけどね。

眼前に広がるゲレンデは、すいている!すばらしい!数年ぶりにスキーをするわたしとしては、ちょっぴり安心なのですが、このあと悲劇が。それは、コースマップのわかりにくさからくるものとは、まだこの時点では知らず。

ちなみに、営業時間は、朝9時から日没まで。
といっても、リフトは、14時半から15時半までには止まってしまうので、あまり滑る時間はありません。
1日券は、2500円。
11時には、4時間券という最後までつかえるリフト券を売っています。これは、2000円。
滑ってみてわかったんですが、1回券を買って使ったほうが安い気が。でも、これは売っているのかが謎。
このほか、お得なバス乗車券つきのパック券があります。
帯広からの往復とリフト券がついて3000円。二日間有効で、帯広バスターミナルなどで売っているそうです(十勝バスさん、親切に教えていただきありがとうございます)。
バス代は片道1280円くらいかかるので、片道だけ使っても特になってしまうという代物。
さらに専用バスも走っていて、これは予約すれば乗車できます。
しかし、バス利用で糠平まで行くのは、結構厳しい。
路線バスは、午前中に朝7時台に一本あるのみ。もう少し遅い時間に行きたくても、ないんですよね、バスが。
そのほか、旭川からのノースライナーという都市間バスが糠平に停車します。このバスは、帯広方面から使えないのが不便なところ。残念ながら路線バスの穴埋めにはありません。
せめてスキーヤー用の専用バスが、昼間に1往復あればいいのにと思うのですがねえ。ところでこのバス、昼は糠平にいるようなのですが。
で、パック券にはランチがついていたり、入浴券がついていたり、いろいろ種類があるようなので、十勝バスさんにお問い合わせするのがよろしいかと。しかし、どういう価格設定なんだろうねえ。

(続く)
[PR]
# by toyokaku | 2012-02-18 01:03 | 大浴場−北海道の湯

花咲け日本!

被災されましたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

東北、関東、そして、長野、静岡をおそった大震災からひとつきがすぎた。
続く余震、そして、福島の原発は、いまだ放射性物質を出し続けている。
まだまだ予断を許さぬ状況に、気持ちはどこか重く、ことばのひとつひとつさえ空々しく思える。

自然の猛威に対し、あまりに非力だと痛感した3月11日。
そして、無力感につつまれ毎日。ぼくができることはなんだろうか。なにもできないことに、ぽっかりと気持ちがおちる。

だけれど、自然の恵みをぼくたちはうけてきた。
日本は、自然が美しい国だ。
それを忘れてはならない。

今は少し 霧がかかっているだけ
大丈夫 歩こう ひかりの差してるほうへ
 

「ひかりの差してるほうへ」というシミズリエさんの曲が頭をめぐる。

それでも春はやってきて、それでも桜は美しく咲き誇る。

a0024448_22382226.jpg


さあ、行こう。その先に、美しい花が咲いている。

心癒す桜の季節に願いをこめて…
[PR]
# by toyokaku | 2011-04-19 22:11